人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

働けることに感謝しつつ

虫眼、アニ眼

昨夜も遅くまで編集室にいた。午後2時から始まった試写は3時半に終わり、それから話し合いとなった。番組の前半が判りにくいという指摘があり、どうやればクリアできるか関係者全員で協議した。一応の方針が出来たのが5時。ここで、局のプロデューサーたちは退出して、番組スタッフだけでさらに具体的編集について議論。小生は6時から人と会う約束があったので、午後8時まで席を外す。その前に荒い編集方針を決めておいて、そのカタチを8時までに作っておいてと言いおく。

8時、試写再開。9時半まで新しいバージョンを見る。おおむね話は遅滞なく流れたかと思う。筋が通ったということ。このやりかたで行けそうだと目処がやっとついた。次回の局試写は月曜日の夕方。残り30時間の間に必死で作り替えをやらなくてはならない。だが、番組の尺が90分と長く、一度見るだけで1時間半かかる。3回見れば、アッというまに5時間ちかくになる。編集するというのは時間との闘いとなる。

そもそも、養老孟司、宮崎駿という当代の売れっ子が二人議論するなどというトピックはめったにあるものではない。過去二人は数回にわたって対談しており、「虫眼、アニ眼対談」として出版されてもいる。今回、初めて聴衆を前に公開の対談となった。その機会を得て、われわれも番組化に取り組むことになる。
二人の話はマンガ、アニメ、ゲームといったサブカルチャーについてであるが、すんなりその話にならないのが達人たちの「才能」。話頭は保育園、ゾウムシ、京都/鎌倉、男はつらい/女は元気、と縦横に広がって行く。詳細は番組を見てほしいが、ひとつ心に残ったことを記しておこう。

実は、二人とも最近保育園、幼稚園の園長、理事長になっている。こどもの”教育”ということに関心が深いのだ。宮崎さんの保育園とは、会社ジブリの従業員の子弟のためのもので、17人の園児が通っている。ここの建物、施設は家のなかに土のタタキがあったり、地下に降りる深い階段があったり、園庭には小山があったり、それはそれは不思議にして厄介な空間となっている。いわゆる子供にとってやや危険な作りになっている。だが、一人として高い階段から落ちたり、池で溺れたりするようなことはない。子供は親や保護者が手を出さなければ、おのずと身体性を獲得するものだと宮崎さんは話す。
一方、養老さんは毎年夏にはこどもたちを連れて虫取りに出かける。ゾウムシの研究で知られるムシ博士でもある養老さん。しかし、現場でムシの取り方などはこどもたちにいっさい教えないとしている。どうやって取るか、自分で考えろと放り出している。

こんな話のあと、宮崎さんが矛盾した話だがと切り出す。若い母親から子供が「トトロ」が好きで年に何百回となく繰り返し見ているという手紙が来た。宮崎さんは困ったなあと思う。そんなもの、年に一回で十分。それより土の上を裸足で歩いたり、夕焼けの美しさを発見するほうがずっと大切と説くのである。あたりまえの話かもしれないが、この二人が語ると説得力がある。

この対談は、まず10月24日に、教育テレビで放送される。少しずつバージョンを変えて、正月の元日、2日に総合テレビやハイビジョンで放送される予定だ。
今、一番悩んでいるのは、この番組のタイトルを何てしようかということ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-10-11 08:55 | Comments(0)
<< 無知の涙 休日出勤も >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧