人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

休日出勤も

熊田千佳慕ー昆虫画家の小さな世界

昨夜も編集で遅くなった。9時半に目が覚めた。寝床のなかでしばしぼーっとしていた。何かがあったはずだと探った。
そうだ、私の作品の再放送があったのだ。20年前に制作した「私は虫である」が今日のアンコールアワーで放映するという連絡を水曜日に受けていたのを思い出した。
昆虫画家の熊田千佳慕さんが主人公のドキュメンタリーだ。彼は今夏98歳で亡くなった。その追悼も兼ねて放送されることになったのだろう。時刻はただ今10時、放送されるまであと10分。慌てて、ハードディスクに録画予約をする。しかし、初めてのことなのでうまくいったかどうか判らない。

今、私の作品は終わった。番組は続いている。「NHKアーカイブス」という枠なので、桜井アナが萩尾みどりさんと奥本大三郎さんのゲスト二人とトークしている。どうやら、熊田さんの世界を口火にして、虫談義となった。
そのあとに、ハイビジョン特集が流れている。私の作風とまったく違う。まず熊田さんはよく喋っている。それを聞き出すためにインタビュアーの声が多い。しばらく見ているうちに、この製作者の姿勢が私とはまったく違って、細密画を描く画家のくらしを描きたいのだと思った。虫を愛する熊田さんにはそれほど関心をもっていない。

だんだん、制作した当時のことを思い出してきた。時代はちょうどバブルだった。清貧の絵本作家の話など誰も関心をもってくれなかったので企画を通すのに苦労した。この話を若いディレクターから聞いたとき、私はちょっと浮き世離れした世界、メルヘンを描きたいと思った。熊田さん自身、自宅から半径500メートル以内の暮らしをしていて、まるで虫そのものじゃないかと驚いた。だから「私は虫である、虫は私である」というコメントはすらりと出てきた。タイトル「私は虫である」というのは気にいっていたが、誰も見向きはしてくれなかった。
この番組が放送されて半年ほど経過した頃から少しずつ話題になっていった。私たちが取材をしていたときはほとんど無名であったのだが、横浜名誉市民に選ばれるなどして、熊田さんは次第に有名人になっていった。

この番組は私の誇りである。時流に乗らず、自分がいいと思ったことを描くという番組制作者の矜持を私に与えてくれたから。それともう一つ大事なことはナレーションだ。牟田梯三さんが詠んでくれた語りは素晴らしかった。この仕事で、私は語りのコツを掴んだ気がした。

 ところで、今日見ていて発見したことがある。熊田さんのあの埴生の宿の住まいのなかで、熊田さんが立ち上がったときに壁に土門拳の仏像の写真が飾ってあったことだ。本名、熊田五郎は東京芸大を卒業した気鋭のグラフィックデザイナーだった。先駆的なグラフ雑誌「NIPPON」で伝説となった人物だったことはあまり知られていない。そこで土門と席を同じくしていた。実は、私も20年間知らなかったが、先日土門拳の写真集を担当する編集者から、熊田と土門は親友であったことを知らされたばかり。だから、本日の放映で、仏像写真に気がついたわけだ。彼の画業はアカデミックな素養に裏打ちされていたのだ。


午後から、10月24日放送分の事務局試写がある。これも虫の目をもった養老孟司さんとアニ目の宮崎駿さんの対話だ。編集アップまであと3日、最後の追い込みとなる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-10-10 10:06 | Comments(2)
Commented by とても良い番組でした。 at 2009-10-10 11:39 x
私もブログに、見た感想を記そうと今、書いています。
Commented by たんたん at 2009-10-10 20:36 x
こんばんは!
定年再出発さんがあの番組を企画されたのでしょうか?
もし、そうなら御礼が言いたいです。ありがとうございました。
私のブログにつたないコメントですが記事を掲載いたしました。
機会があれば、熊田さんの絵本を買いたいと思っています。
<< 働けることに感謝しつつ 愛は別離の苦 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧