人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

御池のそばで

御池のそばで

本日の宮崎・養老対談収録のために烏丸御池のホテルハートンに昨日から入っている。
対談の会場はマンガミュージアム。そのそばのホテルに投宿しているのだ。久しぶりに立派なホテルに泊まることになった。部屋も広いし少し贅沢な気分。
大学授業のレギュラーときは四条木屋町の一泊5000円の定宿だが、今回は10000円のいいホテルのダブル、シングルユースだ。朝食もついている。今朝、和食コーナーに行ったらおかゆ定食だった。
この後。10時から現場で作業を開始。といっても、会場は11時まで別のイベントが行われているため、廊下で機材の点検などを行う。カメラ4台活用する擬似中継スタイルの撮影だ。

昨夜は夜10時までセッティングにかかった。作業を終えて出てくると、雨がぽつぽつ来ていたが、今朝はなんとか降らないでもってくれそうだ。しかし、黒い雲が低く垂れ込めているのが不安。

マンガミュージアムは実に便利のいい場所にある。京都駅からまっすぐ伸びる烏丸通りを上がる御池という目抜きにあるのだ。それもそのはず。ここはかつての名門小学校のあった場所。大正の頃に建てられたという由緒あるコンクリート建築をそのまま利用している。この部屋の趣がまたいい。
昨日、午後4時ごろに到着すると、館内には2、300人ほどの観客がいた。日曜日とあって平日より多かった。みんなマンガを手にとって、好きな場所で読みふけっている。特に校庭であった庭には人工芝が敷き詰められ、入場者はそこで寝転がってマンガを読むことができる。たいてい、5冊ほどかかえて読んでいる。外国人の姿も少なくない。

たしか、ここは河合隼雄さんが文化庁長官のときに、河合さんの提言もあってこういうミュージアムが作られたはず。過疎化、少子化で廃校となった校舎を利用したこのミュージアムは、ある意味でこれからのハコモノ利用のお手本になるかもしれない。


ミュージアム会場入り口の掲示板を見て驚いた。3つのイベントのポスターが張ってある。今、開催中が「美少女フィギュア原型師ボーメの世界」。まもなく始るのが「少年サンデー・少年マガジン創刊50年展」。そして、本日のイベント「宮崎駿、養老孟司トーク」。すべて、私が関わった企画だ。


午後1時からのトーク。宮崎駿さん養老孟司さんからどんな話が飛び出すのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-09-28 09:57 | Comments(1)
Commented at 2009-10-02 07:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 巷に冷たい雨のふるごとく 太宰のつづき >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧