人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

太宰のつづき

太宰のつづき

 太宰は若い日精神病院に入れられたことが大きな傷になったという。放埒と自殺未遂を繰り返す彼を、周りが危ぶんで措置したと思われるが、当人にとっては心外だったらしい。今も、当時のカルテが残っているようだ。読んでみたいものだ。
はたしてこの措置は太宰が抗議するように不当なことであったのだろうか。”冤罪”とみなすことが正しいのだろうか。

病跡学というのがあって、病気の跡をたどる学問を指す。そこでは、太宰は分裂症、神経症の跡が明白だと扱われているそうだ。正確には自己愛性パーソナリティ障害を患っていたという。誤解を招くといけないから、一言加えると、これは断定でなく、そう見られているということ。病跡学の研究者は太宰を診断したわけではなく、彼の作品、行動からそう類推しているのだ。だから、実際の診断はどうであったか、カルテを見てみたい。
 精神科医の米倉育男によれば、この障害のなかでも太宰は「操縦型人格」ではないかとみられている。自己中心的で自己愛を満足させるためにのみ他人と付き合うというタイプだ。この人格は、他人に軽蔑感を抱いているが、表面的には親切で暖かみがあり、人の気をひいたり操縦したりする。つまり、周りを翻弄するのだ。

太宰が太田静子と結ばれて1ヶ月、ふらりと静子の山荘に現れた太宰は、静子から妊娠したことを告げられる。いいことをしたといって静子を抱きしめるが、一方、「これで静子とはいっしょに死ねなくなった」と淋しく笑う太宰。
このあと、太宰から静子への連絡がぷっつり切れた。
それから3ヶ月後、静子は堪えきれず三鷹の太宰を訪ねる。ところが太宰はよそよそしかった。彼女のほうをほとんど見ないで、仲間と酒を呑んでばかりいた。最後に、三鷹の知人宅によって、太宰は静子の肖像画を早描きしてみせる。画に残された静子は泣き顔だった。太宰は静子の気持ちを知りながら邪慳にしていた。このとき、静子のおなかは大きくなっていたはずだ。

太田治子さんは、この太宰の最後にとった態度は判るという。『斜陽』を書き上げた太宰にとって、静子とのことは終わったのだからだとみなす。そして、静子への決別のメッセージは、斜陽の最終場面、主人公かず子の手紙というかたちで、太宰は書いた。そこにすべてがあると治子さんは見る。そうやって、かず子の手紙を読むと、なるほど太宰が静子とそのこどもに宛てた思いがなんとなく判る気がするものの、しかし、勝手な言い分だなと思う。これが無頼派と呼ばれる文学者の所業だと文学史は語って来たが、しかし太宰が障害をもっているとなると、評価もまた違ってくるのではないか。否、そういう形而下の問題ではないのだろうか。

ところで。『女学生』然り、『キリギリス』然り、一人称文体のこれらの作品群は私小説の範疇に入るのだろうか。先日死去した庄野潤三なんて作家は私小説作家といえるのだろうか。私小説なんて、小林秀雄の批判で終わったというが、なかなかしぶといぞ。私は、太宰は花袋、岩野泡鳴、藤村につながる私小説系と見ているのだが。
などということを、昨夜からつらつら考えて来た。

明けて、日曜日。今朝も蒸し暑い。昼から、京都のマンガミュージアムに向かう。明日の本番に向けての準備が今夜から始まるのだ。そろそろ、頭を切り替えて、宮崎駿、養老孟司両氏のことを考えなくてはなるまい。このお二人は今保育園ということにいたく関心があるそうだ。なぜ今保育所なんだろう。その疑問をかかえて、昼からの新幹線に乗る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-09-27 10:33 | 斜陽を考える | Comments(0)
<< 御池のそばで 銭湯の効果 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧