人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

銭湯の効果

銭湯の効果

気候もいいので、日の高い3時から中延の八幡湯に行った。ここには天然の黒湯の温泉がある。この店のお湯の温度は高め。とにかく暖まる。いささか風邪気味なので、ここはひとつ体をリフレッシュさせておかないと、明日からのロケに体がついていかない。エンカレッジ(元気付けなんて勝手な用語にしている)させようと出かけた。
タオルとバスタオル、石鹸、シャンプー、をビニール袋に入れて、足元はサンダル。簡単なイデタチ。
料金は450円。とにかく1時間入ろうと、計画を立てる。まず、一番大きな湯舟のバブルバスに15分漬かって体を馴らす。次に洗い場で簡単に頭を洗い、体を洗う。その間10分。
そして、ガラスで間仕切りされている黒湯に15分。これは全身浴5分、下半身10分。
この湯に漬かっていると、鼻汁がずるずると出てくる。新陳代謝が活発になるのだ。さすが天然温泉。体のあたたまり具合が違う。
いったん、脱衣場の扇風機の前に行ってクールダウン。血圧が普段高いのだから、この配慮は大切。およそ3分。再び頭がすっきりしたところで洗い場へ。ここで、今度は懇切に体を洗い、洗髪する。ただし、リンスは嫌いだからしない。およそ5分、ここまでで合計48分。
2番目に大きな湯船に入り、床からの沸いてくるバブルに足裏を当てながら肩までつかること8分。次に冷水プールに1分入って、最後の黒湯に5分漬かる。

風呂から上がって、鏡の前で扇風機にあたって、体を乾かし、下着だけつけて、マッサージ機に100円玉を投入。7分の強度マッサージを受ける。この段階で、すでに体はぐにゃぐにゃ。思わずよだれがこぼれそうになる。

番台には昼の光が差し込んでいる。日がまだ高いのだ。こういう時間帯の銭湯は実に気持ちがいい。定番のコーヒー牛乳を飲もうと思ったが、その横に青梅が入ったソーダがおいしそうだったので、それにする。130円。なんだ、梅酒じゃないのか。

この八幡湯は先日閉鎖になったと聞いていて残念に思っていたのだが、住民の要望が強いので再開したらしい。この閉鎖騒ぎで御迷惑をお客さまに与えたので、来る28日は終日無料デーにするという張り紙が風呂屋の玄関にあった。とにかく、この銭湯が存続されて嬉しい。とても銭湯ではすまない、贅沢なお湯感覚がここにはある。
風邪をひきはじめたかなと思ったら、八幡湯へ。

再開したということで住民たちも待ち望んでいたのだろう。開店と同時に男女40名ほどがぞろぞろ入った。銭湯に止まること1時間。客はジジイばかりで、青年は一人。子供は一人もいなかった。はしゃいで騒ぐ子供がいない銭湯は淋しい。バタバタ走り回る餓鬼を叱る楽しみがないじゃない。カンバック!キッズ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-09-26 23:08 | Comments(0)
<< 太宰のつづき アハレ ワガイノチ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧