人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

つかのま

つかのま

太宰企画が終わったと思ったら、すぐジブリ企画だ。
来週の月曜日に京都マンガミュージアムで収録される企画のことだ。館長の養老孟司さんがホストとになって、宮崎駿監督をゲストに迎えて、トークが行われる。これを収録するのだ。先週末から別班が準備を進めてきていて、昨日総合打ち合わせをもった。
太宰のプレス試写はうまくいったと安心したのも束の間、次の仕事が待っている。

体が大儀い。病気にならないように注意しておこう。タケ先生によれば、腰と膝を冷やすことは禁物だという。なにより、くよくよしていることが体に一番悪いと思われる。
この苦境から逃れることを考えなくては。

今朝、久しぶりにツヴァイク道の朝の光を浴びた。森に朝日が幾条もさしこみ、秋の草原が光に照り映えて息を呑んだ。最近詩情を忘れていた。鞄に「鈴木しづ子」があった。ある人からいただいた本だが、表紙に書かれた「夏みかん酢つぱしいまさら純潔など」というふてぶてしさが気になって、ページを繰っていなかったが、開いてみることにした。
この人は「娼婦俳人」と異称をとるそうだ。敗戦後の巷で、男を引いたことがあるのではないかと、俳壇では噂になったとか。
娼婦またよきか熟れたる柿食うぶ
なんて、挑発的な句を作れば、その伝説も生まれるかも。
霙けり人よりもらふ銭の額
この代価とは身を売ったものと、あさましき読者の妄想を呼ぶ句。

しかし、この人も、『斜陽』のモデル太田静子のように、ある道徳革命を起こそうとした人物ではないかと、書を読み進めながら感想をもった。
この女性の造語感は恐ろしいまでに鋭い。
実石榴のかつと割れたる情痴かな
これにくらべれば西東三鬼の「桃」の句などは可愛い。

昭和20年春の東京大空襲を詠んだ句
東京と生死をちかふ盛夏かな
欝たる気分のときに、こういうひりひりした句と出会うのも悪くはない。鈴木しづ子、あるときから行方が不明になったそうだ。伝説の女性俳人。今も生きていれば90歳。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-09-25 17:52 | Comments(0)
<< アハレ ワガイノチ 雀の声さえ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧