人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

そこに本が

そこに本が

寝付かれず、枕元の本をとって読む。大江さんの『「話して考える」と「書いて考える」』だ。なにげに開いたページに、苦しい時に読める本をもっていることこそ大事なことというようなフレーズに、思わず惹かれる。

シモーヌ・ヴェイユの言葉を引用している。
《隣人愛の極致は、ただ、「君はどのように苦しんでいるのか」と問いかけることができるということに尽きる。》

苦しいときというのは一人穴ぼこに落ち込んでいるようなものだ。ひとりで足掻いてひとりでジタバタしている。
――そうか、隣に誰かがいるという確信がどれほどの勇気をもたらすものか。隣人愛とは連帯(ソリダリティ)とも通じるように思える。この本のなかで、大江さんはサイードのその言葉をも紹介していた。

苦しみからの恢復というのは能動的であらねばならないと、大江さんは考えている。
《よし自分は恢復しよう、という意志をもつ。恢復したいと願う。希望する、といってもいい。恢復できるように祈る、といってすらいいと思います。そこから人間の恢復という道すじが始まる。》

この本を読んでいて、久しぶりに大江さんのユーモアということを思い出した。苦しいなかにあっても、ユーモアというものをそこはかとなく漂わせている。
 20年前、大江さんと10カ国ほど旅していくなかで、いろいろな駄洒落を聞くことができたことを思い出した。
あるとき、こんなことを言った。「こんどね。子供が生まれてきたら、トマツリという名前をつけようと思ったことがあるのだ。」
「?」突然だったので、私は大江さんの言っている意味が判らなかった。
「戸祭と書くのだよ。大江、戸祭。大江戸祭と書くのだよ。景気がいいでしょう。」
唖然とした。あまりのバカバカしさに驚くというより、何か深遠な意味を言おうとしているのかと、私の恐竜のような小さな脳みそをターボ回転させて考えた。が、やはり、単なる駄洒落だとしか答えはでなかった。

この対話をしたのは、ソ連時代のモスクワでのことだ。あれもだめ、これもだめと取材許可が降りず、落ち込んでいた私をつかまえて、大江さんが話でもしましょうと、打ち合わせの冒頭の対話だったと記憶している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-09-03 10:59 | Comments(1)
Commented at 2009-09-04 12:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 恩寵 不動心 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧