人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

生と死の欲動

生と死の欲動

人間を行動に掻き立てる精神の働き、無意識の衝動をフロイトは欲動と呼んだ。生に向かうものと死に向かうものがある。太宰治は死の欲動に憑かれた人であった。2回の自殺未遂を犯し挙句心中を敢行する人生。たえず、心のどこかに死にたいという願望が渦巻いていた。それは否定さるべきものと太宰は倫理としては分かっていたが、欲動はじりじりと彼を死の側に追い込んでいく。

 昭和16年、戦争が始まる直前に、太宰は太田静子と出会う。太宰の鎌倉情死事件を題材にした『虚構の彷徨』という作品は静子の心を捉え、静子は太宰にファンレターを書いたことから二人は出会うのである。死の欲動を主題とする『虚構の彷徨』に惹かれた静子も、当時死の淵にあった。愛のない結婚から生まれた子供を失い、離婚をして自分を責めていた。そんなときに、心中で生き延びた男の呵責を描いた『虚構の彷徨』は、静子の心境とぴたりと重なったのである。

とはいえ、太田静子は元来は生の欲動の側にある人である。正直で文学の好きな女はコケティッシュでもある。妻子のある太宰に恋をし、まっすぐぶつかっていく。一途なエロス(生の欲動)は太宰を苦笑させ面白がらせ、やがてその恋の演劇に太宰も積極的に加担し没入していく。その極致が、静子の書いた手紙「赤ちゃんがほしい」である。赤子の誕生こそ生の欲動の果実にほかならない。

この二人の戦時下の緊迫したなかで交わされた対話を、二人の子である太田治子が読み解く。それが、現在制作中のETV特集「斜陽への旅」である。昨夜、2回めの編集試写が行われた。番組の尺は90分だが、昨夜のバージョンは3分オーバーの93分あった。前回は110分だったから、だんだん番組の輪郭が露になっている。太宰生誕100年を記念して企画されたものだが、そういうちなみものだけではない作品になりつつあると、プロデューサーとしてひそかに考えている。だが、佳作となるまでまだまだ道は遠い。編集アップまでまだ1週間ある。気を緩めてはいけない。最後まで、太宰と静子の真意は何であったかを追求しつづけ、二人の恋の真相を浮き彫りにするなかで、番組は成長するはずだから。

この二人の恋を背景にして生まれた小説が『斜陽』である。没落した貴族の母と娘の話であるが、未婚の母となった娘は最後につよく生きていこうと決意するところで幕を閉じる。これは、太宰のなかでも「明るいほうへ」向かった数少ない作品のひとつとなる。
明るいほうへ――生の欲動の勝利になる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-08-29 10:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< おいなりさん 大気がある星で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧