人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

泣き虫

・・・離れるとき

新幹線の私の隣席に母、その向こうに三弟が座っていた。母を連れて新横浜に向かっていた。列車は岐阜羽島を通過した。

故郷の医院の医者は、母の胸の容態は専門医に調べてもらったほうがいいと診断をくだしたので、二人がかりによる東京への母の移送となった。発作が出なければたいしたことはないが、万が一のこともある。我々兄弟は緊張して旅をしているし、母は黙って目を閉じたままでいた。

週末に帰省して、二人の弟たちと今後について議論し思案しつづけた。これからの治療をどこにお願いするか、病院が決まらないなかで、議論は堂々めぐりを続けた。そして、主治医に紹介状を願ったところ、思いのほか早く受け入れ先の病院が選定できたので、バタバタと旅立つ準備をして、敦賀発の特急しらさぎに乗り、米原でひかりに乗り換えた。早歩きの出来ない母を気遣って、弟がサポートにまわり私が荷物の運搬係りと、役割を分担した。

名古屋を出たところで母は眠った。いや眠るのでなく目をつぶっているだけかもしれない。顔色が土色になっている母はじっと耐えている。これからの他国での養生を考えると言い知れない不安があるにちがいない。病気そのものへの恐怖もあるだろう。

敦賀駅のホームまで、次弟と叔父貴夫婦、そして木谷牧師が見送りに来てくれた。誰にも告げないで離れるつもりであったが、教会だけには連絡してという叔父貴夫婦の言葉に促されて母が連絡したところ、わざわざ牧師自らが見送っていただくことになったのだ。信仰の篤い母としては、喜びであり恐縮であったと思われる。列車のドアが閉まる瞬間、「きっと戻ってきてね」という叔母の声だけが響いた。

新幹線のグリーンにやっと位置を占めて一安心。少し母の様子が安定しているようなので母の短歌集の一覧を読んだ。そこにこんな歌があった。
1、連休も終わりて子等は帰りゆき夕餉さみしくひとり食みおり
2、雨風のはげしさ夜半目覚めゐて眠れぬままに亡き夫思ふ
何も語らなかったが、故郷の一軒家での一人暮らし、母はじっと一人に耐えて生きていたのだということをあらためて知る。そういうこともあるだろうなあと推測はしていても、こうして表白されたものを読むと辛い。
母の短歌は、日々の暮らしを詠んだものと、信仰を歌ったものと2種類ある。
信仰の歌一群のなかに、家族のことを含んでいる歌があった。
3、幼き吾子三人を連れて雪道をクリスマス礼拝へと行きし遠き日

私が小学2年生、次弟が幼稚園、三弟が1歳だった頃のクリスマスの日のことだ。夕方から降り始めた雪はすっかり積もっていた。教会で開かれる晩餐会に、父母、そして3人の子供は参加。雪道を私と次弟は手を結び合い、母は三弟を負ぶっていた。先頭を歩く父が道をつけていたはずだ。途中吹雪となった。体を傾けて雪道を突進し、やっとたどり着いた教会にはあかあかと灯がともっていた。石炭ストーブががんがん焚かれ、メリークリスマスの声を掛け合う信者たち、その家族たちの楽しい姿があった。貧しくも晴れがましい至福の時間だと感じた。その想いは、母にもあったのだと、この歌を読んで今になって知る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-08-17 20:42 | Comments(0)
<< 茂原の仙人 母の短歌を整理して >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧