人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

母の短歌を整理して

母の短歌を整理して

ふるさとに帰っている。母の具合がよくない。いろいろなことを相談するお盆となった。
10年以上独りで暮らしてきた母もその生き方を大きく変える時期が来たのである。
  
母はそのくらしのなかで短歌を作ってきた。父の死後、平成11年から始めた短歌が相当量溜まっていた。ひとつは、「信徒の友」に投稿し、もうひとつは「NHK短歌歌壇」に出している。そこで入選した作品だけでも三桁の数を超える。最初はたいしたことはないとタカをくくっていたが、10年間途切れずに投稿してきた成果が少しずつ現れたのだ。
その書いた原稿、そして選ばれた短歌の賞状がお菓子の箱に詰め込まれていた。

今日、生原稿を私はパソコンにインプットして整理した。
NHK歌壇に最初に入選した歌、平成11年の作品である。
雪降りてひとり居われに友よりの宅配届きて煮物うれしき

亡くなった父の車がまだ残っていた。その整理のときに作った歌。
ハンドルに亡夫(つま)の手垢の染みたるも拭ひきれずに廃車せんとす
平成12年のことだ。

母には私を頭に3人の息子がいる。それぞれ東京と大阪に住んでいる。
平成13年の9月に生まれた歌。
火の用心大丈夫かと問ひて来る離れて住む息子(こ)の夜更けの電話
この孝行息子はおそらく末弟であろう。

独学であったが、短歌新聞などを読んで母は少しずつ上達していった。歌壇では特選、秀作、入選、佳作に選出されれば歌誌に紹介される。特選は論外だが、17年頃になると秀作をゲットすることも起きてきた。
母の日にプレゼントされし夏帽子遺影の夫に被りて見せぬ
ちょっとしたユーモアが混じっている。感心した。
こうして、歌作ノートを整理していたなかで、私は次の歌が心に沁みた。
いつまでも元気でいてよと言ひくれし孫は帰りゆく五月の風の中

書き写しながら、あふれてくる感情を堪えることができなかった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2009-08-16 20:54 | ふるさとへ | Comments(1)
Commented by パソコン初心者 at 2009-08-24 16:37 x
お母様の短歌を拝見して胸が熱くなりました。
素敵なお母様ですね!
<< 泣き虫 不意をうたれて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧