人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

団塊世代のサブカルノート

団塊世代のサブカルノート

私が番組作りに関わりはじめたのは70年代半ばのこと。当時は、エンターテインメントと教養がくっきりと分かれていた。マンガや映画、流行歌などは大衆文化、下位(サブ)文化としてみなされ、いわゆる教育テレビのドキュメンタリーにはふさわしくないと考えられていた。近松半二の世界、近代日本の足跡~大原美術館~、移民群像~瀬戸内の村の100年、近代日本の足跡「造幣局」、といったタイトルが並び、出演者も加藤周一、石川淳、ライシャワーといった大文字の文化人ばかりだった。

流れが変ったのは80年代に入ってからで、パルコ文化やJALパックなどツーリングという消費文化が注目されはじめた頃だ。私の所属するチームは「ETV8」という枠を担当していた。チームのリーダーであったミヤタCPはいち早く時代を読み、「ポップカルチャーを考える」というシリーズを打ち立てた。ここにシンガーの佐野元春や桑田佳祐などを引っ張り出したときは驚いた。ミヤタ氏は日本の戦前のアニメや小津の映画論などをどしどし取り込む手法をとった。
そういう流れのなかで、私は「少年誌ブームを作った男」(1987年11月17日放送)というドキュメントを制作。大伴昌司伝説の嚆矢となる番組を作るという“幸運”を手にいれる。
放送の世界でもサブカルに関心が向きつつあったにもかかわらず、私はその流れとは距離をおいていた。当時の私の関心は障害者と原爆被爆者のほうへ向かう。大江健三郎さんと出会ったことが大きかった。ヒロシマ、ナガサキそして障害をもった人たち。その威厳に満ちた生き方に圧倒され、その人生を記録することに没頭していく。

それから17年。私は56歳となり、定年の1年前をむかえていた。なんとなく、それまでやってきたヒューマンドキュメンタリーの締めくくりになるような番組を作ってみたいと野心をいだいていた。そこへ、春3月に椿事が起こる。ひょんなことから、メロドラマ「冬のソナタ」のキャンペーン番組を作ることになるのだ。最初は1本だけのつもりが、ブームが招来してその年に5本の「冬ソナ」特番をつくることになった。大衆文化が時代を動かすのだということを実感した。
以来、3年余。制作した番組の大半がサブカルものとなる。

“冬のソナタ”へようこそ  2004年3月27日
スーダラ伝説 植木等・夢を食べつづけた男 2005年11月1日
あしたのジョーの、あの時代 団塊世代 “心”の軌跡 2007年3月24日放送
21世紀を夢見た日々 日本SFの50年 2007年10月21日
ちばてつや再びの“マンガ魂” 2008年10月11日
新しい文化“フィギュア”の出現~プラモデルから美少女へ~2008年11月30日
全身漫画家~真説・赤塚不二夫論~ 2009年3月29日
ザ・ライバル~少年サンデー少年マガジン物語 2009年5月5日

ここに挙げた作品群については、ブログのなかで何度も取り上げてきた。この夏の間にそれらの文章を「団塊世代のサブカルノート」としてまとめてみようかと、思い立った。取材して得た貴重な情報の記録、サブカルチャーが社会へ与える影響の測定、かつカルチャルスタディーズの手法確認などを、テイクノートしようかと考えたのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-08-12 13:52 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 忘れていた文章も引き出して 金沢の旅⑤ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧