人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

金沢への旅④

高岡大仏

北陸本線高岡までもどったのは9時前。金沢行きの特急の時刻まで1時間ある。
行って見たい場所が2つあった。ひとつは高岡古城公園、もうひとつは高岡大仏だ。これは今読んでいる「まんが道」の舞台として繰り返し出てくる場所だ。

8月に入って藤子不二雄Aの「まんが道」全13巻を読み継いでいた。“藤子不二雄(藤子不二雄A+藤子F不二雄)”の伝記マンガで、彼らの高校生の頃から物語は始まり、新進のマンガ家となっていくまでを描いた作品だ。同じ内容ながら、後年に発刊された「愛…しりそめし頃に…」を私は先に読んでいたが、両作品は姉妹編だ。
「愛…しりそめし頃に…」のほうは、上京してトキワ荘に入った頃からの漫画家の卵時代が描かれているのに対して、「まんが道」のほうは高岡高校時代を中心に話が展開する。主人公の満賀道雄は藤子不二雄Aがモデル。その友人才野茂は藤子・F・不二雄が重なる。特に「まんが道」に惹かれるのは、舞台が北陸高岡だからだ。そこの雪のある風土は私の少年時代の思いと重なることが多い。雪の降った朝に高岡古城公園へ行き、将来への思いを吐露する場面、新聞社勤めをするようになって早朝富山へ出勤する途上、高岡大仏を横切って行く場面。マンガでこれほどの味が出るのかと感心するほどノスタルジックな表現だ。

公園と大仏の2箇所回っていたのでは列車の時刻に間に合わない。近場の大仏のほうだけ行ってみることにした。徒歩15分と案内板には書かれてある。
カートをごろごろ引きながら閑散とした駅前を行く。大きな交差点で幸福実現党の選挙演説が行われている。誰も聞いていない。たまたま通った私にビラを渡そうとする運動員に私はそっけなく断る。
日本3大仏のひとつと聞いていたので期待していた。ところが、――
たいしたものではなかった。鋳物の町、高岡のシンボルのような観光仏にしか思えない。藤子不二雄Aのマンガでは風情があるのに、現実の大仏は牛久大仏や東京大仏とよく似た弛緩した表情にしか思えない。やはり、これは藤子不二雄Aのふるさとを思う熱い思いに私が幻惑されたのだろうか。

高岡へやって来る季節を間違えたようだ。やはり冬の、立山颪が吹きすさぶような時期を選ぶべきであったか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

金沢への旅④_c0048132_11411343.jpg

by yamato-y | 2009-08-10 11:25 | Comments(0)
<< マックショップにて 忘れまい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧