人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

晩夏、晩節、重晩節

晩夏、晩節、重晩節

石川淳『夷斎小識』を蒲田駅前の古書店で手にいれた。昭和46年の定価950円が3000円もした。石川淳の本は人気の割りに部数が少ないからなかなか手にはいらない。見たときに買っておかないと、つぎの機会はない。

石川が三好達治と晩年の付き合いが深かったことは、この本で知った。その達治についての文章のなかで石川は重晩節という珍しい文句を使用している。
《二十代のころどこかでこの文句を見かけたが、もとより気にとめるわけがなかった。さうだろう。若いものが晩節なんぞに義理はない。考へてみるのも無用であった。》

といって、若い頃は人生というものを一本の棒のようなものが貫くものだと思っていたと述懐する。一つながりで人生があると思っていた。ところが、若くなくなった頃にはそうではない、一本の棒では計れないのが人生だと思うようになった。つまり青年なら青年の棒、老年には老年の棒という、どこかに区切りがつくようなものではないかと、石川は考えるようになった。
その話の流れで、重晩節という言葉を持ち出していた。

石川が人生をそう見ていたということも面白いが、老年に至って晩節をさらに重晩節という細かい分化にまでするところに、老いの困惑をみる。

そういえば、今朝会った人物は「私のような後期高齢者は」とのたまっていた。暗に還暦を越えたおまえも高齢者だぞと言われた気がした。晩節の話もこの類のようなものかしらむ。五十歩百歩ということ、か。

立秋を過ぎたから、今夕の光を晩夏光と呼ぶのはおかしいかもしれないが、ミンミン蝉のしぐれのなかにひぐらしがひときわ響く風景は秋の始めというより夏の終りがふさわしい。
私としても、晩節に入ったとしても中年の棒の最後尾を歩いていると考えたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-08-08 20:50 | Comments(0)
<< 忘れまい 金沢への旅③ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧