人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

金沢への旅③

城端の町

 城端線は高岡から終点の城端まで11の駅があって単線である。およそ1時間で城端に到着した。電車をおりたのは、私ともう一人だけ。小さな駅には年配の駅員が一人で切り盛りしている。どこか荷物を預ける場所はありませんかと聞くと、「ここの事務所に置いておけばいいよ」と嬉しい返事。好意にあまえてカートを預け、カバンひとつの身で旧城下をめざす。

まったく何も無い町だ。人もいない。だだっ広い道路がまっすぐ伸びている。平行して走る急流があり、その川を渡ると小高い丘になり、立派な寺院の伽藍が見えた。
近づくと、真宗の本願寺別院の善徳寺であった。400年以上の歴史をほこる由緒正しいお寺だった。おとないを入れて、私は大きな本堂で一休み。ここには加賀藩前田家伝来の宝物や寺宝も保管するなど近在の信仰と崇敬を集めている。朝の誰もいない薄暗い本堂で私はしばし瞑想した。
この立派な寺院とお庭だけ見て駅に戻る。立派な建物だが、雪国独特の傷みがそこここにある。だが苔の美しく映える庭は立派なものだった。帰りはコミニュティバスでさっと駅まで戻ることができた。

駅の待合室で半時間ほど上り電車を待つ。その間、観光パンフレットを読むと、この町の隣五箇山に平家落人の集落があって、そこに伝わるのが有名な「むぎや節」ということであった。富山の山間地には「風の盆」の八尾や遠く白川村まで平家伝説が色濃くあるのだ。
麦屋節の一節
浪の屋島を 遠くのがれきて 薪こるてふ 深山辺に

頼朝の追及を逃れてはるばるやってきた人たちがここに文化を創っていたのだ。緑濃い城下町を離れたのは、午前7時25分。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-08-08 08:07 | Comments(0)
<< 晩夏、晩節、重晩節 金沢への旅② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧