人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

金沢への旅②

砺波平野ぶらり
金沢への旅②_c0048132_18381140.jpg



―なんとなく眠ってしまった。
チャイムが鳴って車内の明かりがいっせいに点いた。車内アナウンスが流れる。「5時19分となりました。あと30分ほどで富山に停車します。」窓外には青々とした稲田がずっと広がっていた。
寝巻きの浴衣のまま洗面所に行って顔を洗う。5時36分富山に着く。登山スタイルの若者が数人降りていく。そうか、ここは立山連峰登山の出発地だ。
電車は次に高岡に停車する。私のフリー切符は富山から小松までどこで降りてもいいはずだ。このまま金沢へ向かっても朝早い。そうだ、高岡で降りよう。
高岡は藤子不二雄Aの「まんが道」の舞台になった町。ここ数日、満賀道雄の世界にひたっていたから藤子不二雄ゆかりの町で朝飯でも食べて散策してみようか。
ホームに降り立つと、乗り換えの案内が流れる。氷見線と城端線の乗り継ぎを告げている。5分後に城端線が出発するという。「城端に行ってみたい」
かくて5時59分発の城端線の3両連結に乗り込む。おなかが冷えたのか、幾分渋り腹になっている。念のためにトイレの傍に席をとる。ところがティッシュペーパーをもっていないことに気がついた。やばい。

城端は40年前に一度行ったことがある。丸先生のくたびれたブルーバードでドライブした。当時はまだ車を保有する人も少なかった、長距離ドライブなんてめったにできなかった時代である。ちょうど私は4年生前期の試験を終えたばかりで気分は解放されていた。金沢から浅野川を遡上して医王山系を越えれば富山県砺波地方に出る。先生の車の助手席に乗り込んで遠出でもするか。本州の脊梁山脈でも見に行こまいかとはしゃいだのだ。
およそ2時間、城端に着いたときは日が暮れかかっていた。夕暮れの砺波平野には薄もやが流れていた。丘の上に立って町のあかりをずっと眺めていた。
丸先生はその頃東京から赴任したばかりの新人講師だった。憲法学が専門で、私の研究室の主任だった。すぐに助教授に昇格するのだが、当時は独身で気楽な暮らしを楽しんでいた。先生にとって私は最初の年の弟子である。
まもなく、大学が闘争の時期をむかえると、丸先生はけっして学生との話し合いを逃げたりしなかった。ときには立場を越えて学生の身の安全を心配もしてくれた。金沢を離れても、私は先生とは音信を交わしていた。まもなく、私の1年下の学生と結婚、3人の子を得た。だが、先生は40歳を越えるか越えないかで病死することになる。城端には、その先生との思い出が残っていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 


金沢への旅②_c0048132_18382661.jpg
金沢への旅②_c0048132_18383972.jpg

by yamato-y | 2009-08-07 18:32 | Comments(0)
<< 金沢への旅③ 金沢への旅① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧