人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏の朝ハートウォームワンダーランド

夏の朝ハートウォームワンダーランド

涼しい朝だ。タオルケットを思わず首まで引き上げた。寝室の窓を開け放しておいたら、朝の冷気がすっかり入り込んでいた。やはり今年は冷夏らしい。この時期になればうるさいぐらいの蝉しぐれが今年は貧弱だ。津軽出身のイセさんが先日帰省したら、東北は驚くほど寒かったと言っていた。飢饉のときに吹くヤマセが出ていたらしい。

昨夜は遅くまで川上未映子の『へぶん』を読んでいた。この人の文章は初めてだが、文芸誌の巻頭にあったので読むことにした。すると、実に暗い内容であった。中学生のイジメの話だ。このところ暗い本にはうんざりしているから、止めようと思ったものの、話の展開に巻き込まれ、というかイジメに対する主人公の逆襲か逆転を見届けたいとムキになって読み進めた。結論からいうと、この小説はそういうカタルシスを得られないものであった。斜視でどんくさい男子と硬い髪の毛デキタナイと思われている女子の二人が、クラスメートから苛められるという場面は不快で不愉快でたまらないから、できるだけ飛ばし読みしたから物語のお話はいまいち理解できないままとなった。

そして今朝。
もう暗い話や話題から脱却しなくてはと決心した。図書館から借りた『世界のおわりとハードボイルドワンダーランド』をぱらぱらと読む。最初の3章を読んだが辛気臭そうだったので放棄。英文学者深瀬基寛の伝記が目にとまったので走り読みする。面白い。エリオットの詩「そこはかの道」の解釈について書かれてあった。
私の行く道というのはどこまでも軽く巧みな道で俗人でもなく仙人でもない細くかぼそいそこはかの道だと、エリオットが書いている。〈そこはかなる道 不実の道〉
不実の道とは信仰をもたない帰依などしない悟れない立場でありながら、刹那的ものを追い求めようとしてふっと消えていくものを、カタチにしようとする道だと説いている。

深瀬は芭蕉が実践したように詩歌は軽いものでなくてはならない、軽さこそ詩心のまん中にあるものだとつぶやく。そうだ。軽さだ。この玄妙な人生を軽さで捉えなくてはいけない。この文章を閉めたあと、もう一つ書こう。マイフェバリットソングだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-08-01 11:26 | Comments(0)
<< 夏の青春ソング3題 命終 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧