人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

命終

命終

今朝、オフィスに出ると机上にメモがあった。酒場ぶゐの女主人が亡くなったという連絡である。いささか不意をつかれた。先日、久しぶりに酒場ぶゐの陣中見舞いにでもと誘いがあったばかりだからだ。あいにく、私は大磯で用事が出来たため参加できなかった。欠席するということを告げに、店の前まで行った。赤いドアには覗き窓があり、そこから見ると多忙のようだったので、声をかけずに帰った。あのときは元気そうにみえたから、まさかこんな急な訃音が入るとは思わなかった。

平野さんという怖いおばさんだった。おばさんの詳しいことは知らないが、ずっと一人で生きてきた。若い頃には高級な料亭で働いたこともあったようで、酒席のマナーなどについては口うるさい人だった。
広島の出身で、親族にはかなり大勢の被爆者がいた。私が広島へ転勤になったとき、おばさんは自分の菩提寺を教えてくれた。そこは、原民喜の墓所でもあった。
私にとって忘れられないのは、その店の2階で、大江さんと「世界はヒロシマを覚えているか」の最初の打ち合わせをもったことである。4畳半の狭い部屋で、安江良介さんと3人で番組についての意見交換をしたのだ。今から考えると冷や汗ものだが、37歳の私はこれといった店も知らず、なじみのノンベエ横丁のこの店で間に合わせたのだ。たしか、大江さんの安江さんもあまり飲まないで、冷戦末期の世界の状況について熱心に意見を交わしたことが心に残っている。

 そういう意味で、思い出深い酒場ぶゐであったが、私が広島から帰って来てからは足を向けることが減った。大磯という遠くに住んだこともあるが、行くたびに説教されるのが堪らないと逃げ出したこともある。
数年前におばさんは体調を壊して入院。出てきたときには鼻に酸素吸入器をつけての姿となった。そのイデタチでカウンターに立っていた。まだ80にはならないはずだが、だんだん動きが鈍くなっていた。

 一人暮らしであったため、発見が遅れたようだ。まだ葬儀の予定がたっていない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-31 12:39 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 夏の朝ハートウォームワンダーランド 7月尽 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧