人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

7月尽

思い乱れて

しっかり考えが結べない。ある思いが現れても根っこをもたずすぐ浮遊する。浮かんでは消え、かと思うとまた現われる。朝の瞑想にしても20分間がなかなか我慢できない。なぜか焦燥感がある。

こんなときに限って暗い本と出会う。太宰の『人間失格』と南木佳士の『トラや』である。太宰のほうは読み切ったが、自伝的ではあるがフィクションとして脚色があることをトレースできるので、それほど苦痛ではなかった。
南木の作品は難物だった。2007年に出版されて旧作ではあるが、私は渋谷のブックファーストで購入した。あるブログにこの本の推薦文があって、気になって手にしたのだ。

南木は1989年に第100回芥川賞を『ダイヤモンドダスト』で受賞している。現役の医者である。私はディレクターとして1989年に「芥川賞・直木賞100回」という番組を作ったから、南木のことはよく知っていた。長野で勤務医を続ける穏やかそうな人物という印象だった。その後も派手な活動はなく、本業が忙しいのだろうぐらいにしか思っていなかった。
ところが手にした『トラや』はとんでもない作品だった。うつ病に苦しむ作者と思しき人物の15年の漂流が淡々と描かれていた。死と直面している出来事を「淡々と」というのは怖い。まるで、自分も同じ心境に立つかのように、心が動いて行く。
刃物に目が向く。家人が留守のときに台所の出刃包丁に主人公の目が向いて行く。ふっと、飼い猫が食事をねだることに気がつく。《猫たちの餌もやらずに自害するほど切迫しているわけではないしな、》と数秒間の余裕が生まれて辛うじて命拾いをするのである。
筆者は医者だけに、症状の見つめ方もリアルで微細だ。
実は怖くてこの読書は半分までで中断した。

夏の朝の太陽は今年の不順のせいだろう、ぼんやりと蒸し暑さだけを送り込んで来て、重い。今日で7月も終わりだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-30 08:15 | Comments(0)
<< 命終 その一点で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧