人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

焔燃え盛る修羅の道を越え

焔燃え盛る修羅の道を越え

齢、六十を越え、訃報訃音を耳にすること多し。年長の知人のみならず、同期同年の朋とも別れ行く。億万年の地球の運命すら一瞬の落下し燃え尽きてしまう彗星のごとく。

先夜見た、コーエン監督の「バートン・フィンク」。圧巻は燃え盛るホテルの廊下のシーン。
両脇の部屋からむらむらと炎が立ち上り、床からどす黒いガスが噴き出て舞い上がる。デビルの舌先のような炎だが、熱度はまったく感じさせない。赤黒い氷のような炎。
―その廊下を、覚悟した殺人鬼がのしのしと向かって来る。「夢幻のごとし」とつぶやくように、シリアルキラーは潔く奈落に向かう。

両脇に燃え上がる炎群をものともせず、否、睥睨すらして羅刹荒れ狂う修羅場を独行する。月並みだが、人生とはかくのごとしと言い聞かせる。

黄八丈柄の銚子を愛好したことがある。渋谷がまだ子供の町でなかった頃、井ノ頭線渋谷駅そばのおでん屋の熱燗はいつもそのお銚子を出した。おでんがうまかった。和辛子をつけて食べる蒟蒻は絶妙だった。ほお張りながら菊正宗の熱燗を呑んだ。和服を着た女将がいた。成瀬の「山の音」に登場する中北千枝子に似ていた。女将は仕事熱心とはいえなかった。客が少ないからか、いつも奥で常連と麻雀卓を囲んでいた。外套を着込んだまま牌をつかむ男たち3人が相手だったから、暖房も石油ストーブの時代であった。店には淫蕩な匂いがしたが、おでんは美味かった。底冷えするカウンターの上にぽつんと置かれた黄八丈の銚子。

もっと先のこと。金沢の時代だから40年前。いつもお侠な女の子が、ある日着物姿で現れた。黒地に黄色の格子模様、黄八丈をまとっていた。お転婆が、しおらしく出てきて呆気にとられた。その日も、底冷えのする寒い冬の日だった。御影橋西詰のしもた家での出来事。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-24 17:01 | Comments(0)
<< 夏の嵐の夜に ぼんやり霞んだままで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧