人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

気怠さのなかで

気怠さのなかで

昨夜は深酒をした。痛飲のあげく泥酔か。朝からひどく気持ちが悪い。
めじろの句会に出たあとの、2次会に足を向けたのがたたった。というか、そのあとの3次会が余分だった。何かツマラナイことで席上行き違いが生まれた。大きな声をあげて議論してしまった。
一人は途中で行方知れず。カバンだけ座席に残していなくなったのだ。心配する羽目にもおちいった。今朝、当人から電話があって、どうやら山手線でぐるぐる回っていたそうだ。残された二人も白けた気分で、深夜目白駅頭で別れる。ギロチン、ギロチン。
今朝も早めに目が覚め、少しも成長していない自分に嫌悪する。還暦を越えて、宗教論争なんかでかっかとすることに嫌気がさしている。
むろん、素面で、きちんとした論争なら、まだ若い人にも負けないでやっていくつもりだが、酒席での論争はつまらない。何の意味もない。そういう場に遭遇する自分の不徳を思い知るばかりだ。ギロチン、ギロチン。
昨日までのハルキ、斜陽、冬ソナへの若々しい関心はすっかり失せた。枕元の書籍をとっても読む意欲が湧いて来ない。テレビをつけてもつまらない床屋政談のごとき番組ばかり。食欲も、こう暑いと湧いてこない。とにかく、このところ快調だった私の精神衛生はいっきに落ち込んでいる。

つい暗い話に向いて行く。
ドイツ文学の研究者からハルキの文学は紛い物だと指摘された。「海辺のカフカ」なんて作品は思わせぶりで何も語っていない、彼は現代文学理論のおいしいところをうまくつまみ食いして仕上げている。でなかったら、ベストセラーなんてことにはなりませんよという。
彼の文学の実体があまりにスカなので、松浦寿輝も苛立ったのでしょうと、その御仁は語る。その口ぶりに、私らのような文学の専門家から見ると、ハルキの文学性なんてものは虚妄ですよと言わんばかり。残念ながら、私は言葉につまり、言い返すこともできなかった。

ただ、本当にそうなのかという疑念は残る。例えば、「路地」。このメタファーのごとき存在は、大きな音は立てないがずっしりと私の琴線に触れたと思うのだ。
いずれにしろ、ドイツ文学のあの研究者から見るとベストセラーになるような作品は文学ではないということ。太宰の『斜陽』にしても、大岡昇平の『武蔵野夫人』も、谷崎の『マキオカシスターズ』つまり『細雪』も、オースティンの『高慢と偏見』も文学という名に値しないものとなる。
では文学って何だ。そんなご大層なものか。一部のインテリゲンチャが秘教的にとりあつかうものか。
当然、ケータイ小説やライトノベルは文学であるはずもないとするであろう。この文学プロパーたちがほざいている”文学理論”とやらをぶっ壊してみたいと、今朝の荒々しい私は考える。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-20 13:04 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 梅雨末期の森のなかで ハルキとダザイと冬ソナと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧