人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ハルキとダザイと冬ソナと

ハルキとダザイと冬ソナと

昨夜から村上春樹にいかれている。短編の「ねじまき鳥と火曜日の女たち」「レーダーホーゼン」「TVピープル」を続けて読んだ。だんだん村上文学に惹かれている。のめっている。
朝起きて、内田樹の『村上春樹にご用心』が本棚にあったことを思い出して、取り出し読みふける。内田は日本の文壇がハルキを無視、否定する傾向こそ村上の作品が世界文学たりうると、熱く説いている。ハルキの文学の骨頂は「父の不在」とあった。意味深な言葉である。内田はハルキファンは冬ソナファンとかぶるのじゃないかと、仮説を立てている。チュンサンとユジンの間には、まさに「父の不在」が横たわっているじゃないかと、思いもつかない説を、内田は提供してくれる。

懸案の(私は今「斜陽論」を担当している)テキスト、「斜陽日記」を読み始める。ダザイの「斜陽」との比較をするつもりで読み始めたのだが、共通点より相違点にばかり目がいく。ダザイが独自に作り出した表現にばかり目がいくのである。「斜陽」に登場する嫌な作家上原は、ダザイの自画像だろう。そのデカダンが気になって仕方がなく、昨日購入した『人間失格』をカバンのなかから取り出して読むことにした。
べたりと張り付くような自己嫌悪の所行の数々。ここまで卑屈にさせていくものは何で在ろうかと、かまととぶってダザイさんに聞きたくなる。下男や下女にされた犯罪的行為とは何だよ。
9時半から10時半まで、『人間失格』を読んで、ふたたびハルキに戻る。

猫ワタナベ・ノボルが消えた路地。入り口も出口もない、近所の人が便宜的に「路地」と呼んでいるにすぎない。家々の裏庭を縫うようにして約200メートルほど続く。ここに主人公の猫が出入りしていたというが、行方不明となった。探しに行っても見つからず、途方にくれて家に戻り、妻から小言を言われて、物語は終わる。

ここで終わるのか、そりゃあないだろう。と抗議してもハルキは知らん顔。この愛想なしが、今朝の私に心地よい。
たしか、この短編「ねじまき鳥と火曜日の女たち」が発展して、長編「ねじまき鳥クロニクル」になったはずだ。そちらは、すいぶん以前に読んだ。その際は「路地」は気にならなかった。ノモンハンと井戸ということだけが心に残ったが、はてどんな物語だったっけ。もう一度、読みたい気分に今駆られている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-19 12:11 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< 気怠さのなかで 初泳ぎ、にもならず >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧