人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

百両旦那、千両天秤

百両旦那、千両天秤

琵琶湖は日本列島を北上しているそうだ。昔は奈良と滋賀の国境の山中にあったのが少しずつ移動して現在の地形に納まっているが、移動が止まったわけではなく、依然日本海に向かって動いていると地学では説明されている。琵琶湖から敦賀に抜けるルートは山が険しいが、近江と越前は遠い仲ではない。琵琶湖の湖北から始まる北国街道は古来人々が行き交った道で、古代から愛発(あらち)の関が設けられていたほどだ。当然、双方の風習が互いに伝播しあうのもゆえないことではない。

母は大津から嫁いできたから、双方にまたがる事柄をよく知っている。「百両旦那、千両天秤」という言葉があると教えてくれた。
母方の祖父は五箇荘の出身で近江商人発祥の地だ。ここの人たちは勤勉で、天秤棒をかついでせっせと行商に励んだといわれ、天秤というのは近江商人のシンボルとなっている。蓄財に秀でていて、千両も貯めこんでも天秤商いは続ける、だから近江から近代日本を代表する堤清次郎のような実業家や高島屋、大丸とか大百貨店が生まれたのだと、郷土史は誇らしげに伝える。

敦賀というのは、泉鏡花『高野聖』にも描かれるように、交通の要衝であったから宿場町として発達し港町として栄えた。当然、ここには花街があった。港近くの金ケ崎神宮の門前に紅灯が並んで、さながら不夜城であったという。遊郭は船乗りが丘にあがって遊ぶ悪場所であっただろうが、地元の町衆もかなり放蕩を尽くしたようだ。敦賀の金持ちはたった百両貯めただけですぐ旦那意識をもつようになる。そういって揶揄した軽口が「百両旦那」である。いかに、この町に遊び人が多かったのかが知れる。
ただし、この町での“旦那”というのは大店の主を指すよりも、妾をもつ男という意味のほうがつよいらしい。

私の友人フミオくんには父親がいなかった。貸間に住んでいたが、粋な香りが漂っていて生活感がない奇妙な家だということは、うすうす感じていた。いつ遊びに行ってもお母さんしかおらず、しかもきれいにお化粧しているから、不思議に思っていた。今、忽然と思い付いたのだが、あの家は置屋だったのだろうか――。
旦那は本宅では父だが、妾宅ではおじさんとなる。友人はその人のことをおじさんと呼んでいて、何でも買ってくれる人と自慢していた。たしかにフミオくんは顕微鏡も昆虫採集セットもソノシートももっていた。羨ましかった。
後年、映画「泥の河」を見て、あっと思った。廓(くるわ)舟に住むきっちゃんの家は貧しいのだが、お母さんはいつも着飾っている。お父さんはいない。そして、ときどき見知らぬおじさんさんが来ると、しばらく外で遊んできなさいとお小遣いをもらう場面だ。これと同じ光景を私は見たことがある。
たしか、そのときフミオくんは50円もらった――5年生の私らには大金だった。
彼は私にそのお金でアイスキャンデーと水泉まんじゅうをおごってくれようとした。「センカン(私のあだ名)、これをやるから6時までいっしょに遊ぼ」と私を誘った。嬉しかったが、5時までに家に戻らないと叱られると私は言うと、彼は「ちぇっ」とそっぽを向いた。フミオくんの横顔が寂しそうだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-13 18:25 | ふるさとへ | Comments(1)
Commented by r.y at 2012-07-22 11:32 x
「百両旦那」という言葉を知りたくて、ここにたどり着きました。
敦賀についての文章が、とても興味深いです。
ありがとうございました。
<< 少年週刊誌のDNA キャメロン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧