人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

KAIJU

KAIJU

怪獣という言葉は今や世界語になりつつある。KAIJUである。マンガ、アニメ、オタクという言葉と並んで、世界で流通している。

昨日、カナダ人のアイヴァンさんと会った。フリーランスの編集者であるアイヴァンさんは、日本の文化を紹介する英語の本を造ってきた人だ。今度、怪獣のムックを作るので、大伴昌司の図解を使用したいという件で、私に会いに来たのだ。私は、大伴のお母さんから著作権について委任されているので、代理で話を聞くことにした。

アイヴァンさんはムックの見本をもってきていたので見ると、アイヴァンさんが相当な眼力の持ち主であることがよく判る。きちんと、妖怪と怪獣を区別している。角川怪獣と東宝怪獣の差異もしっかりとらえている。怪獣文化の広がりとして、玩具、怪獣切り絵、イラストなども視野に納められている。なにより、怪獣の存在を馬鹿にしていない。日本文化を考えるうえでの指標として怪獣を大切にしていることがよく分かった。ムック巻末の怪獣マンガは原作がアイヴァンさんで、画は若手の漫画家に描いてもらったという。

そのムックの「機能比較」「断面図」の章で、大伴図解を使いたいとアイヴァンさんは申し出たので、この人物なら大丈夫だと判断して私はこころよく応じると伝えた。

そこで、メインの話し合いを終えて、私のオフィスに来てもらって、アイヴァンさんの意見をうかがうことにした。彼のポップカルチャーに対する造詣の深さに感服したので、なぜそういうことに関心をもったのか、これまでどんな取材、研究をしたかなどいろいろ聞きたかったのだ。さらに、書棚に置いてある大伴昌司の文献や資料を見せてあげたいという気もした。(これは、私のイタズラ心も半分ある)
案の定、アイヴァンさんは大伴の原画コピーを見て喜んだ。特に「怪獣進化の図」には度肝を抜かれていた。目を丸くするアイヴァンさんを見て、私がにんまりしたのは言うまでもない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-08 14:27 | 大伴昌司の遺産 | Comments(3)
Commented by トランプ at 2009-07-20 07:01 x
突然の書き込み失礼致します。
大伴昌司氏の事を調べていて、貴ブログへ到達致しました。精力的な活動には、大変頭が下がります。
NHKで製作された、大伴氏やSF系の番組も拝見してみたいものです。(有料でダウンロードできるサイトが有る様ですが・・・・)

色々とお尋ねしたい事も有りますが、今は特に『二十世紀研究』第9号(2008年12月)に寄稿された、「大伴昌司 解題・序」を拝読できないものかと考えております。
同HPの表示されているメールアドレスへ問い合わせのメールを何度か送ったのですが、残念ながら返事が帰って来ませんでした。

大伴氏の仕事に関しては色々な本で取り上げてありますが、どうしても深く踏み込んでもらえない特集記事(多分著作権の関係なのだと思いますが)があり、歯がゆい思い出いっぱいです。
自分で同人誌でも創って纏めてみたい(これも著作権違反ですね)ほど思いつめております。
Commented at 2009-07-24 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-24 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ちぎれ雲友の会 サバイバルじゃないぞ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧