人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

痒い所に手が届かない

痒い所に手が届かない

水村美苗のエッセーで四肢切断の状態におちいった心理学者のエピソードを読んだとき、恐怖が走った。この世のなかでも、絶望の深さでは四肢切断ほどのものはないだろうというくだりは、単なる威嚇とは思えない。
ドルトン・トランボの「ジョニーは戦場へ行った」という映画を見た時の恐怖が甦る。第一次大戦で負傷した若い兵士の物語であった。彼は四肢を切断され、かつ話す機能も奪われている。治療をする看護士の世話なくして生きていけないという状況にあるジョニーの物語。この映画を見たあと、ずっと悪夢にうなされた。

自分がもしそうなったらと想像すると、一番怖れたのが痒いときにどうなるかという妄想だった。自分が痒いと思うところを掻くことができないとすれば、どうやってその苦痛(疼痛というべきか)を取り除くことができるのだろうか。その痒さが自然消滅するまで待つしかないのだろうか。その痒さというものは時間とともに消滅するようなものだろうか。じりじりと痒さが迫ってくる。

昨夜から、体のそこらじゅうが痒くてならない。私の場合、気温が急激に変化するとよく起こるのだが、一種のアレルギーだろう。痒いからかきたい。腕、脇、背中、お尻とそこらじゅうがむずむずする。孫の手などはないから、鉛筆とか団扇とか有り合わせのもので背中をかく。このところ、左肩が50肩になっていて左手が思うように上がらない、曲がらない。やむをえず、体を歪めて四苦八苦しながら、背中の左半分を掻く。だが、きちんと掻けないからイライラが残る。

話はややずれるが、意識をなくしたまま闘病を続けてきた人たちがいる。土門拳は1979年に脳血栓で倒れ、11年間の闘病生活の後、1990年に80歳で死去した。赤塚不二夫はアルコール中毒に脳内出血など多くの病気を併発して入院した。意識を失って数年、昨年死去した。
土門にしろ赤塚にしろ、見かけは意識は失っていたが、果たして本当に意志が消えていたのだろうか。土門の妻は、土門がときどき涙を流したということを証言しているし、赤塚も嫌な見舞客には冷たいそぶりをしていたという。おそらく、二人とも外部とコミュニケーションはとれなかったが、意識はあったのではないだろうか。もし、そうだとしたら辛かっただろうなあ。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病がある。筋肉がだんだん萎縮していって、体の自由を奪われる病である。頑健な消防士であったひとが発症して、幼児のようになった患者を取材したことがある。辛い病だが、それでもコミュニケーションをとることがぎりぎりまで可能であることが救いであった。いろいろな筋肉が不随になっても、最後はまぶたの動きで意志を発露することもできるのだ。私はそうやって意志を伝達する人を、トーク番組「人間マップ」に出演してもらったことがある。この番組は、私のタカラとなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-04 11:39 | Comments(0)
<< 今年見た番組で一番うまい番組 全身写真家、土門拳 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧