人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

全身写真家、土門拳

全身写真家、土門拳

「土門拳はぶきみである。土門拳のレンズは人や物を底まであばく。」
詩人高村光太郎の評である。1909年、土門は山形県酒田に生まれた。今年は100年目にあたる。彼が写真と出会うのは24歳というから遅い出発だ。それから70歳で倒れて意識不明となり80歳で死ぬことになるが、46年間一環して土門は写真一筋で生きた。全身写真家と呼ぶにふさわしい人生である。

土門は報道写真といわれるドキュメンタリーの分野で、さまざまな試みを行った。原爆から肖像、筑豊、古寺巡礼、文楽まで実に多様な題材をとりあげた。
生前、彼は写真評論家となった娘真魚に語った。「13万コマのネガが残ったが、発表されたのは一部だ。それ以外のものもすべて私の作品である。」恐るべき言葉である。1本も迷いも悔いもないと言っている。

昭和32年(1957)、彼は週刊誌の取材で広島へ向かった。原爆の日が近づく7月末のことである。当時、占領が終わったばかりで、広島の実相というのはほとんど知られていない。取材はABCCという放射線影響研究所を中心とするものであった。そこは、アメリカの放射線の影響を調査する機関で、被爆した人たちを治療する目的をもっていなかった。被爆者はモルモットのようなものであったが、その実体は被爆者には伏せられていた。まだ占領の影響が残っていた。土門はここでは心を動かされない。

そして、同行したライター草柳大蔵から知的障害児の施設「六方学園」の存在を聞いたときから、土門は始動する。そこには、原爆による胎内被爆児たちがいた。やがて、白血病で苦しむ被爆者たちの存在も知り、土門のレンズはそれを追っていく。
結局、土門はこの週刊誌の取材にとどまらず、その年の11月までに広島に5回ほど出向いて5800コマの写真を撮った。
そのときの取材記録として「広島ノート」3冊を、土門は書き残す。これを読むと、彼がいかにして「二人称カメラ」という手法を編み出したか、その生成の過程が分かる。

美しい少女のケロイドの植皮手術を、土門は「一人称」つまり患者自身の目となって、当初撮影しようとした。だが、それでは手術の邪魔をするばかりで、きちんとした表現にはならない。土門は悩んだ。挙句、「二人称の目」を獲得するのだ。手術を施して懸命に治そうとする医師や看護士の目となって、その現場を記録した。23枚の組写真として、写真集「ヒロシマ」の冒頭に配置された。

この写真集は、大江健三郎にも大きな衝撃を与えた。特に23枚の写真に。「私はこの少女の一連の写真に、戦後日本でもっとも明確にされた、人間世界の不条理と人間の虚しいが感動的な勇気の劇を見る」
この写真集の記憶を濃く残したまま、1963年夏、大江は広島に向かう。土門が記録した「広島ノート」は大江の「ヒロシマノート」へと受け継がれていくのだ。

昨日、土門拳の伝記を編集しているOさんと会った。彼は土門の最初の写真集について新しい事実を掘り起こしていた。そこに関わる重要な人物は、私にとっても忘れることのできない絵本作家であった、ということだけ書いておこう。ここから先は、まだ秘密事項に属しているので、いずれ、本格的な取材が始まったら報告したい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-03 13:08 | 新しい番組を構想して | Comments(1)
Commented at 2009-07-03 20:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 痒い所に手が届かない 夢のをわりの花りんご >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧