人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夢のをわりの花りんご

夢のをわりの花りんご

ふるさとは夢のをわりの花リンゴ 二六斎

この句を詠んだ二六斎宗匠の元へ、西国に住む弟子から深夜電話が入った。酒席からの電話らしく、いささか彼の感情は過多となっていた。彼はこの句を読んで、幼い頃に亡くした母を思った。母につながる思い出が甦り、「この句には泣かされますよ」という言葉を電話口で繰り返した。その熱い思いに宗匠もついほろり。弟子と師匠の共泣き。

こんなケースもある。師匠は太宰治、弟子は野原一夫。昭和22年の出来事である。学生時代から太宰に傾倒していた野原は新潮社の編集者となって太宰の前にいた。乱れた生活がたたり、当時の太宰の体調は芳しくなかった。時に軽い喀血もあり精神も不安定であった。影のように山崎富栄が付き添い看護していたが、それでも危うかった。むしろ、富栄との抜き差しならぬ関係が太宰を追い詰めていたのかもしれない。
ある日、野原は思い切って太宰に哀願した。「先生、養生してください」太宰は野原の顔を無言で見た。「みんな、心配しているんです。だけど、先生に面と向かって言うのが、どうも、なんだか、・・・・」
野原の言い方が切羽詰っていたのだろう。いつもなら茶化す太宰が席を立って、廊下へ出て行った。そのとき、圧し殺したような太宰の泣き声を野原は聞いた。野原の目にも涙があった。この1年後に太宰は長雨で増水した玉川上水に富栄とともに身を投げる。

今年は美空ひばりの節目の年でもある。祥月命日にあたる6月には特番が相次いだ。20年前、彼女が“急死”したとき、「ひばりの時代~日本人は戦後こう生きた」という3夜連続の特番に私はディレクターとして参加した。私が担当したのは第一回「廃墟のなかの悲しき口笛」で、彼女のデビューした時代を描いた。この番組は、ひばりの歌を同時代として生きた民衆の記憶を引き出すという仕掛けをもっていた。彼女の歌にまつわる思い出をもった人々を取材することになり、私は弘前へ飛んだ。ひばりが映画女優として力量が認められた作品「リンゴ園の少女」にまつわるエピソードを掘り起こすためだ。この映画のロケは岩木山を望む弘前郊外のリンゴ園で行われた。今をときめくスターの到来とあって、この映画のロケにはおびただしい数の見物人が集まった。その思い出を、リンゴ園の園主須藤真利さんに語ってもらった。最後に、一番好きなひばりの歌を歌ってほしいと頼んだ。当然、「りんご追分」を歌うと私は期待した。

ところが、彼が歌った歌は、「津軽の故郷」であった。70歳を越えていたと思うが、彼は背筋をぴんと伸ばし、岩木山に向かって朗々と歌った。
♪りんごの ふるさとは
北国の果て
うらうらと 山肌に
抱かれて 夢を見た
あの頃の想い出 あゝ今いずこに
りんごの ふるさとは
北国の果て

花りんごの句を詠んだ二六斎宗匠も弘前出身で故郷は津軽。太宰も金木町という津軽。この句を味わいながら、太宰を思い、津軽を懐かしみ、ひばりの「夢のをわり」を惜しんだ、というわけ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-07-02 12:32 | 斜陽を考える | Comments(0)
<< 全身写真家、土門拳 日にちぐすり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧