人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ああ青春の胸の血は

ああ青春の胸の血は

♪あふれる若さあればこそ、未来に向かいわれ等立つ 海の太陽、山の雲 輝け命のかぎり
という詞は、舟木一夫の「ああ青春の胸の血は」の一節だ。今から40年も前を思い出す。
(*輝け命のかぎりではなく、輝け命の歌声に ああ、だそうだ。なるほど。)

京都13時45分発、湖西線周り敦賀行き新快速に乗った。土曜日の昼下がりとあって、車内には高校生や大学生らしい若者の姿が多い。
私の座っているところからよく見える扉のところに、大学生とおぼしき男女のグループがいる。女子3名、男子6名。空席があるが座らず、みな固まって会話に興じている。話している内容は聞こえないが、楽しそうな気配だ。全員が笑顔だ。
この沿線には立命館大学の分校があるから、そこに帰っていく学生ということも考えられるが、私の見たところ、京都市内の学生で、週末の遠出のような様子だ。おそらく、みんなで比良山か竹生島あたりにハイキングに行くのではないか。昔の私らの言葉を使えばゴーハイ」、合同ハイキングに出かけて行くと推測する。ゴーコン〈合同コンパ〉という言葉は今も残っているが、ゴーハイは死語になっているかもしれない。

新快速電車は坂本比叡山の駅でしばらく停車。若者グループのなかの女子が結婚の話題を持ち出した。走行音がないから離れていても聞こえてくる。「うちの、お兄ちゃんが、来月結婚するんよ」。と、「羨ましい」と別の女子。一人の男子がぼくももうすぐ結婚するつもりだと発言すると、その女子は少し驚いた様子。「へええ、結婚しはるんですか」。意外な答えに驚く女の子の表情が愛らしい。しかも京ことばの優しさがなんともいえない。
女子は3人とも化粧をしておらず、表情も幼い。ぼくらの時代の女子大生の雰囲気をかもしている。懐かしくなるような女の子たちだ。だから、余計私はそのグループに興味をもったのかもしれない。あっけらかんと笑っている彼女たちの姿がなんともまぶしい。彼女たちのおしゃべりにつきあっている男子たち5人もにこにこ笑いながら話を聞いている。彼らもなんとなくいいやつのような気がしてくる。
一人ひとりにはそれぞれ悩みがあるかもしれないが、なんの憂いもなく青春の真っ只中にあるように見える彼ら・・・。

窓外に目をやると、美しい水田の向こうに琵琶湖があった。竹生島の青い影が霞んでいる。

近江高島の駅で、そのグループは降りた。彼らだけでなく、他にも若い男女が50人ほど降りた。どうやらどこかの大学の新入生の一泊研修らしい。この高島に大学の宿泊施設があるのだろう。
東京では、最近めったに遭わない素朴な若い男女たちを見ているだけで心楽しい時間だった。快速電車は琵琶湖をはなれて、北国街道の山道に入っていく。まもなく、近江塩津。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-27 18:06 | Comments(1)
Commented at 2009-06-28 11:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 広縁に寝転んで から梅雨ぎみの京都で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧