人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雨音を聞きながら

雨音を聞きながら

サーという音を夢うつつで聞いていた。ぼんやりした眼で窓を見ると、雨。ああ、雨が降っていたのだ。夢のなかでも雨だったよな。

谷間の夢をみた。40年前の出来事とつながる夢だ。そこに住んだことも行ったこともないが、縁のある人の実家がそこにあった。今は誰も住んでいないようだ。その空き家の前を通り過ぎた。

しばらく行って、共通の友人に会った。あの家はどうなったのかと尋ねると、その人も思い出したらしく、お母さんが一人でいたはずと答える。訪ねてみようか、どうしようかとためらううちに目が覚めた。

窓を開けると、冷気がすべりこんでくる。昨日の暑さとはうって変わった肌寒さ。雨は一本の音となって切れ目がない。
こういう夢をみたときは苦手だ。また、過ぎし日のことが芋づる式につながって出てくるから。その幻想が帯びた気分がずっと、私の身内に止まるから。そういうときは人と話したくない。自分の殻に閉じこもっていたい。

それにしてもなぜ谷間なのだろう。ひとは谷間で生まれて、またそこへ帰っていく。そういう谷間。イギリスの詩人、ランディ・トーマスの言葉にそういうことを記していたはず。大江さんから教えていただいた。

一昨日、夜の10時に電話があった。金沢の友人たちだ。数人集まってわいわい盛り上がって、私のところへ電話をしてきたのだ。1学年下のメンバーは今年60歳になり定年をむかえた。そのメンバーたちが中心になって8月4日に同窓会をやろうという呼びかけだった。行きたい。40年前の友たちに会いたい。友だちではない、友たちだ。
あの頃、なぜあれほど憎み合ったのだろう。互いに、世の中をよくしたいと考えていたのに、路線が違うからといって対立した。喧嘩をしたまま卒業し、会う機会もないままの友たち。

藤沢周平の本のタイトルにも取られている古川柳「故郷へ廻る六部は気の弱り」。全国を行脚してきた山伏も、年をとってくるとだんだん故郷の周辺ばかりになってくる、という意味だが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-24 09:44 | センチメンタルな気分で | Comments(0)
<< 夜中の3時 33回講談社漫画賞 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧