人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

フォッサ・マグナ

フォッサ・マグナ

梅雨の晴れ間、薄い青空が広がるなか、白金台を散歩した。目黒通りを五反田方向へまっすぐ、左折してプラチナ通りを下る。途中で東大医科研究所の広大な敷地に入って、緑を楽しむ。マテバ椎が可愛らしい葉叢をそよがせていた。スダジイも美しい。週末だからといっても、白金には人ごみもなく、風が吹き抜けて気持ちのいい道だ。

14年前の今日、私は脳内出血を発症した。梅雨で湿度が高くじとじとした日だった。同僚と一杯やって、品川から東海道線に乗った。頭がふらふらするなあと嫌な感じの自覚はあった。川崎を過ぎたあたりから気持ちが悪くなり横浜でいったん降りた。ホームに立つと、小雨が降っていて、顔に雨粒があたるとすっとして気持ちがよかった。
思い直して、再び電車に乗って大磯に向かう。後で脳神経の主治医が言うには、横浜で降りたこのときに脳の血管は切れていたと推測される。

12時過ぎに大磯に着き、家人の車に乗って山の上の我が家をめざす。帰宅して、いつも通り風呂に入った。1時過ぎに床に入った。ところが、頭が痛い。眠れなくて起きだして、ベランダに出た。小雨を浴びると気持ちがいい。突然。吐き気がして吐いた。吐瀉物がビューっと5メートルほど飛んだ。これは尋常ではないと、覚束ない頭で思った。深夜にもかかわらず、隣町の平塚市民病院に行くことにした。

近在では一番大きな総合病院で、脳神経科もある。この夜の当直医が幸運なことに脳外科の専門医宮崎医師だった。無愛想で怖い先生だが、この先生がいなかったら私はどうなっていたか分からない。6月21日未明、私は緊急入院することになる。この日から3ヶ月に及ぶ闘病が始まるのだ。

47歳の6月20日の発作は私の人生の分岐点だ。人生のフォッサ・マグナ(大地溝帯)にあたるだろう。それまでの私は番組を作ることだけしか考えておらず、朝も夜も仕事に追われていた。家庭や家族のことはもとより、自分の人生なんてこともまったく関心をもたなかった。番組を作れない自分などいうことを想像することができなかった。
その私から仕事が取り上げられ、そればかりか命すらも危ういという状況に放り込まれたのだ。生き方を大きく変えなくては生き延びられないと、宣告されたようなものだった。私は焦り、悩んだ。もし、番組を作ることができないなら生ける屍と同じではないか、そんな情けない自分などはいらないと否定する日々が続いた。
でも、生きたかった。死ぬのは嫌だとつくづく思った。普通に歩きたい、子供と遊びたいと思った。

一応、退院してからは、仕事に向かう姿勢も変えた(つもりでいた)。仕事人間を止めようと思った。
が、1年経って、体が恢復すると、また元の仕事人間に戻り、そこから定年の57歳までの10年間は疾走することになる。たしかに、外見は以前と変わらないように見えたが、内面は変わった。番組を作ることだけに生きがいを感じるのは止めにした。友だちを大事にしたいと思う人生に変わった。多忙を理由に会おうともしなかった昔の友と連絡をとるようなことも増えた。少なくとも、私はこの日から生き方を変えたのだ。
だから、1995年6月20日は私の大事なフォッサ・マグナだ。発作マグナと言っておきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-20 20:56 | Comments(0)
<< 伝説の刑事 こんな韓流じゃなくて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧