人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

三鷹禅林寺

三鷹禅林寺_c0048132_8333942.jpg
三鷹禅林寺_c0048132_8335387.jpg


三鷹禅林寺

生誕100年ということで、昨日の三鷹禅林寺の境内はたくさんの太宰ファンが押しかけた。テレビカメラだけでも10クルーはあった。
訪れた人の顔を見ていると、60代以上の男女が3分の2、若い人、特に女性が10パーセントといった割合だろうか。お寺の裏にある墓地にはおびただしい人が墓石の前に陣取っていた。
私は初めて参加したが、なんとなくこの桜桃忌の催事は太宰治にはふさわしくないような気がした。いちばん面食らったのは、太宰と掘り込まれた墓石にさくらんぼを埋め込むことだ。いくら桜桃忌だからといって、それはないじゃないの。なんだか、直方体の墓石がロボットになったみたいで厳かさもへったくれもあったものじゃない。道化を演じきった太宰ならそれもいいではないかという意見もあろうが、私は見たくない光景だった。

桜桃忌というのは、太宰の友人知人たちが始めたものであって、禅林寺にはまったく関係ない。だから、寺内の集会室のようなところで、太宰をしのぶ会が行われたが、どうやら関係者が仕切っているようだ。太宰の最後の弟子という人の「思い出話」が話されていたが、講演の途中で主催関係者が、大きな声で「写真を撮らないように」と制止する声が不快だった。「ケータイが話しの途中で一人でも鳴ったら、この会はすぐ中止しますから」と居丈高なものいい。なんだか、太宰のイベントを行うということに優越の意識をもっているようだ。

山門のところには、新しく発刊される太宰の選集の宣伝ビラを配る人や三鷹観光協会の「太宰ゆかりの場所」というチラシを配る人がたむろしている。ゆかりの場所のチラシには、太宰が居住していた跡、情死して発見された場所、山崎富栄の下宿などがコースとして記されてあった。だんだん私は不愉快になってきた。
早々に寺を離れ、三鷹駅に向かう。途中、古書店には太宰本がずらりと並べられ、酒屋には太宰生誕100年記念の青森産日本酒のビンが店頭に配置されていた。

夜9時のニュースでも、この日の様子が企画として流されていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-20 08:34 | 斜陽を考える | Comments(0)
<< こんな韓流じゃなくて 誰かが >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧