人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

国府津の海で

国府津の海で

大磯から小田原方向へ東海道線で2つ行ったところに国府津がある。国府津館は駅を出てすぐの国道に面している。裏は相模灘。外観は平屋だが、母屋が坂に建っているから国府津館は3階立て構造と言えるのではないだろうか。奥座敷で太田治子さんのロングインタビューが行われた。
かつてこの旅館で太宰治と太田静子が逢瀬を楽しんだ。ここで、『斜陽』の原案ともいうべき太田静子の「斜陽日記」の受け渡しをめぐって二人の間に話し合いが行われた。そのゆかりの場所で、二人の遺児である太田治子さんにインタビューした。

当時、静子はこの国府津から御殿場線で一つ行った下曽我に母と住んでいた。伊豆の知人を訪ねたりかつて住んでいた三島へ行ったりする太宰には途中駅が国府津であった。二人にとって知人がいない国府津は格好の場であったのだろう。

二人が出会ったのは、戦争が始まる昭和16年の夏。文学少女だった静子が二人の文学仲間とともに、三鷹の太宰の家を訪ねたことから始まる。彼女はかつて自分の娘を失ったときのことをまとめた「赤いバラ」という小文を見てもらうためであった。感覚的な文章で浮世離れした作風が特徴だった。一読して、太宰は、なかなか面白そうだと思うがあなたは体が弱そうだから小説を書くには向いていない、このまま日記を書き続けることですといって励ました。それを真に受けて、静子はせっせと日記を書いた。当時、静子は出戻って母と二人で大岡山に住んでいた。

戦争が始まり、静子は親戚の紹介を得て、小田原下曾我の山荘に移り住むことになる。その山荘を太宰が最初に訪ねたのは昭和19年の1月のことである。一泊したものの何事もなく二人の関係は戦争が終わるまで途絶えることになる。
昭和20年4月、三鷹にひとりいた太宰は空襲に遭遇。家族が疎開している甲府へ引き込むことにした。そこでも空襲に遭い、ついに故郷の津軽に家族を惹き連れて行く。そして敗戦の混乱のなか、東京へ舞い戻るのが昭和21年晩秋。太宰は再び三鷹に住む。
一方、静子は昭和20年12月に母のキサを失った。下曽我でたった一人になったのだ。

そして、太宰が下曾我の静子の家に、「日記」を受け取るために現れたのが、22年2月だった。それから5日間、太宰は静子の山荘に泊まりつづけている。そして、静子の日記を受け取った太宰はその足で伊豆に向かい、そこで執筆するのだ。『斜陽』の第1、第2章で、太宰は凄いスピードで80枚を書き上げた。静子の日記を土台にしての物語化だから早かったのだ。
その後、太宰は山荘を3月7日、3月17日と続けて訪ねている。この交わりのなかに、国府津館があった。

現在の国府津館も昔ながらの風情を残していてなかなかいい。風呂場ものぞいたが、広々とした湯槽にたっぷりの湯量があった。全室和室で、ドアの部屋はない。部屋からの風景も素晴らしい。ただ、裏に西湘バイパスが通っていて、ひっきりなしの車の音だけが興ざめとなる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-18 14:35 | 斜陽を考える | Comments(0)
<< 夕闇のなかの大雄山荘 ザ・レスラー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧