人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ザ・レスラー

ザ・レスラー

 話題の映画「レスラー」を見た。主人公のレスラー、ランディを演じるのは往年のワル男ミッキー・ローク。とても彼とは思えないほど顔も体も大きく変わっている。ローク自身、ボクシングの後遺症と整形手術を繰り返した結果がしっかり見てとれる。

 かつて人気レスラーだったランディだが、現在はアルバイトをしながら、辛うじてプロレスを続けていた。離婚して、現在はトレーラーハウスで一人暮らし。その家賃すらも滞りがちだ。一人娘のステファニーがいる。別の家で暮らしている。幼い頃の辛い思い出が、ステファニーの心を頑にさせている。今頃になってランディは娘への思いをつのらせている。

 ある日、試合直後に、心臓発作を起こしてしまい病院に担ぎ込まれる。長年のステロイド使用が祟ったのだ。そこで医者から、ランディはリングに立つたら命は保証できないと宣言される。
 退院したランディはプロモーターたちに引退を通告する。スーパーの食品売り場の売り子になって日銭をかせぐようになる。みじめな思いをすることも少なくない。
 せめて娘とのきずなを取り戻そうとアプローチを計る。一度はうまくいくのだが、次の約束をすっぽかして娘から絶縁を宣告される。情けないランディ。さらに好意をもっていたストリッパー、キャシディにも振られてしまう…。泣きっ面に蜂状態だ。
 ところでキャシディを演じる女優はうまいが、この役どころというか役まわりというか、中途半端な気がした。もっと彼女のからみを入れて、不在の前妻との出来事を浮き彫りにするところまで描いてほしい。

 ブキッチョななランディは仕事もプライベートもやることなすことがちぐはぐとなっていく。自棄を起こしたくなるようなことがいくつも重なり、ランディは再びリングに起つ事を決意する。そんなことをすれば当然心臓への負担は大きく、最悪のこともありうる。それを覚悟でランディはリングに向かうのであった。対戦相手は盟友「ジ・アヤトラー」というレスラー。凶悪な技をくりだしながらアヤトラーはランディの体を気遣うのだが、ランディはけっして試合を終わらせようとしない。やがて彼はコーナーポストに立ち、マットに向かって跳ぶ・・・

 よく出来たB級映画だ。「チャンプ」とか「がんばれ元気」とか「ロッキー」のような作品をかき混ぜた作品。手持ちカメラ主体で、ざらざらした画面はリアルで、テンポのある編集もうまい。音楽の出し入れもにくい。役者もそれぞれいい。だけど、これがベネツィア映画祭グランプリの作品といえるほどのものだろうか。プロレスの内幕をここまで暴露したことは認めるが、物語は通俗に流れやや平板なのだ。あと2つほど「イベント」が欲しい。

 それにしてもプロレスがショーだという論をエンカレッジする映画だ。知識では知っていたが、カミソリで額を自傷する行為などは、実際に画面で見せつけられるとショックだ。流血王といわれたレスラーはたいがいこういうことをやっていたのだ。とすると、大仁田とかアントンなども例外ではあるまい。それとステロイドを打つレスラーはリアルだ。ロードウォリアーズなどはきっとこうやって体をビルドインしてきたのだ。などとプロレスファンには腑に落ちることばかり。

 先日の三沢の死とこの映画が重なる。きっと、46歳のレスラー三沢の心身はぼろぼろだったに違いない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-17 10:28 | Comments(0)
<< 国府津の海で 八月のクリスマス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧