人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

山アジサイの花

山アジサイの花

朝の雨は上がって、横須賀塩入に到着する頃にはすっかり晴れ上がった。駅前からバスに乗り坂本郵便局前という山の上の町まであがる。この街のさらに坂の上に静江さんは住んでいる。港町横須賀は至るところ坂の町だ。坂から見下ろすと、潜水艦が4隻ほど港に停留していた。潜水艦なんてしろものは普通の港にはない。やはり、ここは米軍第7艦隊の本拠地だということをあらためて思う。

86歳の静江さんは少し足が不自由だが、1人で元気に暮らしている。長年にわたり小学校の先生をしてきたというだけあって、頭脳明晰、記憶もほとんど衰えていない。今回はもう1人ディレクターといっしょの訪問である。

前にも記したが、静江さんはあの20年8月の広島原爆で恋人を奪われている。彼女自身は被爆していない。だが、心に被爆をしている。奪われた恋人のことを60年以上にわたり思い続けてきた。その静江さんの心の軌跡をたどるような番組を作りたいと、私は2度にわたり横須賀を訪れている。
小高い丘の中腹にある静江さんの家は、戦前からの士官の官舎のままの佇まいである。父上は軍人で、横須賀の海軍兵学校で短期現役の学生たちの指導にあたっていた。その教え子のひとりが、静江さんの恋人の豊田さんである。年は7つ離れていた。若い兵隊をよく家に呼んだ父は、休日など自宅で食事をふるまった。初めて、豊田さんが静江さんの家を訪れたとき静江さんは13歳、豊田さんは20歳だった。床柱にもたれてゆったりと話をしている豊田さんの姿をしっかり、静江さんは覚えている。その部屋は60年経っても同じである。

原爆が投下される3ヶ月前、静江さんは1人で豊田さんに会いに広島へ行った。二人の付き合いは長かったが、愛というものを本気で確認することになるのはそのときである。
広島に知人のいない静江さんは、3日3晩、豊田さんの下宿で話し合い、二人は結婚する決意を固める。それから、まもなく原爆が豊田さんを直撃するのだ。静江さんが豊田さんの死を知るのは1ヶ月以上経過してからのことだ。

それから、静江さんの苦しい心の旅が始まるのだ。戦争が終わり、やがて先生に復職する昭和24年まで、静江さんは毎日、泣いてくらした。トヨダ、ヒロシマ、という言葉を耳にするたび涙を流した。夜、床につくと、左の目から涙が鼻柱を越えて右目に入り、そこから頬を伝って枕を濡らす。「涙で枕を濡らすって、本当のことですね」と、86歳のその人は語る。
そういう話をおよそ3時間にわたって聞いた。
夕方、辞去するとき、静江さんが私たちを呼び止めて、珍しい花を見せてくれた。アジサイの一種だが、大きな花と小さな花が並存する山アジサイだ。梅雨が深まるにつれて、白い花弁は薄いピンクに変わるのですよと、嬉しそうに語ってくれた。
60年も思い続けるというのは、どういうことだろう。もっと、静江さんの心を知りたいと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-06-11 20:59 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 蛇苺 ラスト・ピクチャー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧