人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

緑風

緑風

夜来の雨があがり快晴となった。昨夜の雨は相当ひどかったらしく、窓ガラスには雨滴が数滴はりついたままだ。風がつよい。山がゴーゴーと鳴っている。ベランダの扉をがたがたと揺する。

衛星放送開始20年記念の番組で、昨夜「冬のソナタ」が久しぶりに放送された。これまでに2桁の回数で視聴しているはずだが、思わず見入った。やはり名作だ。“メロドラマ”として本当によく出来ている。ストーリーは分かっていても、次々に展開するプロットの意外性には脚本がしっかりしていること、的確な演出プランがあることがおおいに寄与している。それにも増してこのドラマが優れているのは、昨夜放送された韓国オリジナル版を見て感じたのは役者の演技力だった。

「ザ・ライバル」のドラマを制作するという体験をして感得したのは、役者の思いをいかに持続させるかだった。役者は悲喜苦楽の感情を演じるとき、その気持ちを最低30分は持続させておく必要がある。一つのカットを終えて次のカットまで、カメラ位置の変更、照明の調整、メイクの点検などで空き時間が生まれる。その間、いかにして感情を保つかということだ。

舞台であれば、すべてが物語の時間として平行して流れているから、演じるということに専念できるが、映像の芝居はそうはならない。極端にいえば、ブツブツ切れた芝居の連続なのだ。それをコントロールする柔軟で強い精神力が役者に要求される。

チェ・ジウさんは若い頃演技が下手だと評されたと聞くが、少なくとも冬ソナではそんなことはない。昨日放送されたのは、あのファンが2番目に好きな「私は謝りません。あなたは私の心をもっていったから」の場面だ。溜めに溜めたチェさんの演技は、彼女の力かユン監督の指示か判断しがたいが、よく演じている。

でも昨夜発見し、驚いたのは、ぺ・ヨンジュンさんの深々とした演技だ。ある抱擁力を感じた。以前は気がつかなかったのは吹き替えのせいだろう。ペさんのバリトンがヒロインの心の傷を癒すかのようなジェントルな声。この声が穏やかに流れゆっくりとした所作。この演技が内に秘めた悲しみと愛おしさが入り混じった複雑な感情をよく表していた。

「冬のソナタ」の分かりやすさというのは稀有な芸術性だ。ウッディ・アレンやベルイマンのような難しさはないが、同等の芸術性を獲得していると私は言い張りたい。この意見に対して、映画の専門家の高野悦子さんは異論を示さなかったことを思い出した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-29 08:12 | Comments(1)
Commented by ヒロシマのMN at 2009-05-30 02:36 x
山登さん、初めまして。
いつごろだったでしょうか・・・。私は、NHKのドキュメント番組を視聴し、感動で胸がいっぱいになるたびに、製作者が「山登義明」という方であることに気づきました。ヒロシマに心を寄せてくださり、温かく素晴らしい番組や御本を発表してくださる山登さんに、心から感謝しております。ありがとうございます。
私は、被爆者の父をもち、原民喜さんや大江健三郎さんの作品を愛読してきました。最近、このブログの存在を知り、毎日少しずつ過去にさかのぼりながら、山登さんの文章を読ませていただいているところです。
2004年、学生時代からのファンである高野悦子さん(よく岩波ホールに通っていたので)と、大好きな「冬のソナタ」についての本を出されたときには、驚くとともにとても幸せな気持ちになりました。「ああ、人を愛し、人の心をいつも大切になさっているお二人だからこその、この本なのだなあ・・・」と。これからも、山登さんのご活躍をお祈りしながら、楽しみに読ませていただきます。
<< 雨の墓参 見た人の感想 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧