人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

右手にジャーナル

右手にジャーナル

「朝日ジャーナル」が店頭に出ていたので、思わず買った。創刊50年と銘打ってある。ジャーナルは、「少年サンデー」「少年マガジン」と同じ1959年に創刊されていたのだ。当時は週刊誌ブームだったから、硬派の週刊誌として朝日新聞社から発刊された。長く左派の雑誌として大学生の必携の書だった。時代を読むのは朝日ジャーナルを通してというのが60年代の風潮だった。70年安保が日程に上り、全国で大学闘争が始まると、ジャーナルはますます愛読された。神戸大学や富山大学で起きている状況などは、この週刊誌を通して知る。
 
当時、月刊誌は「世界」「現代の眼」、週刊誌は「朝日ジャーナル」と「平凡パンチ」「プレイボーイ」だった。68年ごろになると、「少年サンデー」「少年マガジン」がそのリストに並ぶようになる。右手にジャーナル、左手にマガジンなんて言葉も生まれた。

 92年に終刊になったと思っていたが、どうやら休刊扱いになっていたようだ。
今回は創刊50年ということで緊急増刊されたようだ。表紙の隅に週刊朝日緊急増刊と小さく書かれてある。どうやら、「週刊朝日」の軒先を借りての増刊らしい。

目次を見ると、新旧の左派の論客の名が連なっている。
旧世代には懐かしい名前がある。鶴見俊輔、見田宗介、柄谷行人、浅田彰、吉田司、加藤典洋、高村薫、吉岡忍・・・。
新しい名前には注目しておきたい。東浩紀、斎藤貴男、平野啓一郎、湯浅誠、山森亮、浅尾大輔、雨宮処凛、赤木智弘、杉田俊介・・・。

 巻頭のコラムは、「風速計」。歴代編集長が筆を奮ってきた場だ。この特集号では、仮編集長という立場で山口一臣週刊朝日編集長が書いている。この国への強い危機感、というタイトルをかかげているだけあって、現代に対する強い危機感が文章に溢れていた。

 内容はいろいろあったけど、私は中森明夫の司会による鼎談「言説空間が失われ 批評と物語が衰弱したいま」がおもしろかった。浅田彰、東浩紀、宇野常寛の3人の論客が現代思想の潮流について語っている。浅田は全共闘世代とか0年代とか、世代論にかたむくことを好んでいない。その姿勢に好感をもつ。東は現代の批評が衰退していることに危機感をもっている。彼は、後進の育成に情熱をもっているようだ。そういう者の相互批判の場を、東はなんとか作りたいと考えていた。
それは、「要するにケンカできる場所を確保することですね」と浅田が、ちくりと批評しながら、後輩をからかっている。彼がいまや論壇の真ん中にいるのだなあ。隔世の感。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-27 10:34 | Comments(0)
<< 見た人の感想 太宰のことを考える >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧