人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

白川道

白川道

京都大学の吉田キャンパスには、昔の白川道が貫通していた。みやこの中心から白川道を通って東山を越えていわゆる志賀越え道を抜けて、大津の坂本に出る。ここには明智光秀の城があり、そこで琵琶湖の舟運を使えば対岸の織田信長の居城のある安土まですぐだ。おそらく、このルートがいわゆる安土往還ではないだろうか。その一部分に京大構内を抜ける白川道があったのだ。辻邦生の『安土往還記』はここを舞台にしているのではないだろうか。
とすれば、と、昨日キャンパスのなかを散策しながら思いついたことがある。歴史ミステリーのような物語が、このキャンパスを舞台に出来ないだろうかと考えたのだ。

京都はさすがに古い。いたるところに歴史ゆかりの場所がある。過去だけではない。現代の物語もあちこちに埋め込まれている。今年の授業で、「吉田神社の謎」という企画が出てきた。大学の隣にある吉田神社は、あの兼好法師ゆかりの名高い神社だが、今、ベストセラー「鴨川ホルモー」のロケ場所として人気を集めている。そのロケにエキストラで参加した学生たちの証言を中心に、この神社にまつわるエピソードを10分ほどの番組にしようというのが、今年の映像メディア論Aの授業のひとつだ。こんなふうに、京都では話題に事欠かない。

さて、京大キャンパス内白川道のことだが、「本能寺の変」ミステリーをここで繰り広げたらどうかと思いついたのだ。主人公は、変の数日前に明智光秀と連歌をいとなんだ里村紹巴。
天正十年五月二十四日、というから旧暦ではあるが、ちょうど今頃の時期。愛宕山で光秀、紹巴らが連歌の会を催して、そのとき光秀が冒頭に詠んだ句が
ときは今天(あめ)が下しる五月哉 光秀
時は今まさに天皇が下り死する殺気という謎かけの句だと伝わる。つまり、信長によって朝廷は危ういところにあると警告をしたというのだ。このときに、光秀の決心がなされたいわれている。その場で紹巴はこんな句を続けている。
花落つる池の流れをせきとめて
危機をなんとか止めてください、あなたさまによって、というような意味だろう。この句会から旬日を経ない同年六月二日に本能寺の変が起きている。里村は事変の当事者に近い存在といって差し支えない。里村は、みやこから白川道を通って、たびたび明智光秀の坂本城を訪れていたのではないか。時には信長の光秀に対するひどい仕打ちなどに対する愚痴も聞かされたのではあるまいか。当時の連歌師というのはある種のちょう報員、官房長官のような存在だったと推測する。とすれば、坂本往復にこのキャンパスを貫通する白川道を利用したと考えても不都合ではあるまい。構内のどこかに里村紹巴の幻が見えても不思議ではないかと、また例によって私の妄想が湧いてきた。これを主題に歴史ミステリー、ドキュメンタリードラマを作ってみたくなったのである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-22 10:33 | Comments(0)
<< 初恋の味 マスクの人が増えている >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧