人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

海を前にした河のながれのように

海を前にした河のながれのように

この一週間、密かに村上春樹の『アンダーグラウンド』を読んでいた。あることから、この『アンダーグラウンド』のあとがきのことを知り、自分のドキュメンタリー論を補強するつもりで読み始めたのだが、村上の“影”という考え方にぐいぐい惹かれて、本編を読み続けることになった。

そして、読了した頃に、大磯の家で私の書棚にはない文庫本『1973年のピンボール』をみつけて手にとった。おそらく息子が買ったのだろう。私は、村上春樹を長く読んでいない。最近になってどっと読むようになったから、私が買ったはずではない。息子はどういうつもりで入手したのだろうか。娘はずっと吉本ばななと池沢夏樹に引かれていたから、この書物を手にするようなことはないだろうとあたりをつけている。

この『1973年のピンボール』は、私のことではないかと思った。主人公の“ぼく”は1969年春に20歳だったとある。私は21歳だったが、もう一人の主人公“鼠”は1970年に大学を辞めている状況にあって、私はその1970年に卒業している、つまり大学をやめている。おまけに私は1948年鼠年生まれだ。主人公の“ぼく”と“鼠”のわずかな隙間に、私は滑り落ちた気がした。
☆      ☆     ☆
この長編の冒頭に登場する直子のエピソードが、終わりまでずっと気になった。語り手は、この直子の話に決着をつけないまま物語を終えているから、私は宙吊りにされた気分で読了となった。が、けっして不快ではない。むしろ、おためごかしの辻褄合わせのようなストーリーはいらないし、やめてほしい。
それにしても、この直子が死んだという一節に私は心臓をぐいと掴まれた気分になった。
《でも忘れることなんてできなかった。直子を愛していたことも。そして彼女がもう死んでしまったことも。結局のところ何ひとつ終わっていなかったからだ。》
★    ★    ★   ★

同じ頃、私もまた喪失の体験をしていた。長く忘れることができなかった。大学闘争の苦い体験を引きずりながら、プライベートな喪失感にも苦しんでいた。当時、私は神戸の東灘に住んでいた。6畳一間の下駄履きアパートの2階に逼塞していた。神戸は村上春樹の故郷でもある。鼠の舞台もそこに思えてならない。その神戸は、私にとって忘れられない思い出がいっぱいつまった場所であった。

未明に夢をみた。三宮のセンター街を突き抜けて、赤ひょうたんというよく行ったサラダの店が現れた。その店のことではない。そこを左に曲がったところにあったブティックだ。「芸夢」という名前だったことを、夢のなかで思い出したのだ。そこで、私が語った言葉を不意に思い出した。5月の若葉風のなかに私は立っていた。その夢の細い路地をずっと抜けていくと、内灘の砂丘につながっていく。
★    ★    ★   ★
ひとつの季節が死んだことを、鼠は次のように合理化する。
「海を前にした河のながれのように鼠は無力であり、孤独であった。」
★    ★    ★   ★
YOUTUBEをときどきのぞく。懐かしい歌がいろいろ出てくる。「遠くで汽笛をききながら」という曲に出会った。その歌の映像はスチール構成だった。どこか郊外都市の風景が次々と出てくる。
そこに、内灘のある場面が、“夢のように”現れた。――
★    ★    ★   ★
(どんな池にも必ず魚はいるさ)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-16 16:39 | Comments(0)
<< 偽史和人伝 枇杷の実 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧