人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

お礼参り

お礼参り

長い休みも終わった。今日から新しいステージだ。
半年全力をかけて制作してきた「ザ・ライバル」の後処理をしばらく行って、次のプロジェクトに踏み出そう。

29日から6日までの間に4本のDVD映画をみた。オリバー・ストーン監督の「アレキサンダー」、ジョージ・クルーニーの「フィクサー」、ウッディ・アレン監督の「おいしい生活」、「インテリアー」だ。
「アレキサンダー」はあまりにだらだらしていて途中離脱。「フィクサー」と「おいしい生活」は最後まで見るには見たが、嫌々ながら。「インテリアー」のみ心に残った。1勝3敗か、でも1本でもあったのは幸いだ。

「フィクサー」などは見ているうちに腹がたってきた。クルーニー主演でシドニー・ポラック監督だから期待したのだが、陰謀がなかなか輪郭を見せず、もみ消し屋(フィクサー)といわれる所以も思わせぶりのままだらだら推移する。だいたい、会話の断片があまりに隠されていて、観客が何を手がかりに見進めればいいか戸惑う。こんなシナリオを誰が書いたのかと憤懣をもって、エンディングのタイトルを見ると、マイケル・クライトンが原作とあった。なるほど、元の小説はそれなりに暗黒めいていて面白かったのかもしれないが、脚本化された段階で、これは凡作(それ以下)となりはてた。同様の内容をもつ「ペリカン文書」のほうがはるかに面白い。

半年ほど前、アレキサンダーはなぜ殺されたかという、日本人の手によって書かれた評論を読んだことがあった。広島のお医者さんが書いたという本は、毒殺の根拠などを示しながらミステリアスに物語を形成していて面白かった。その味わいを期待してストーンの「アレキサンダー」を見たのだが、壮大な無駄遣い(製作費200億)の映画だった。おそらく、日本でこんな映画を作って失敗すれば再起不能になるのだが、ストーンは不思議と甦ってくる。

アレンの映画は出来不出来がはげしい。「おいしい生活」はアレン自身が登場する。この系統はほとんど駄作。本作品もその例にもれない。
一方、「インテリアー」にはアレンは出演せず監督のみだ。これは最初から期待させた。海辺の家の窓から始まる。映像のしめり具合がいい。外見大きな破綻はない上流階級の者たちにわだかまる破局”願望”のようなものがじりじりと充満していく。そのプロセスの描き方がうまい。海辺の家の映像もいい。日本海のような荒涼とした海が物語の舞台にふさわしい。
アレンの映画には、明らかに70年代の残党と思われる政治人間がよく出て来る。彼はまだ人間の解放ということを諦めていない。反体制の生き方を貫こうとする。こういう存在は最近の日本映画にはほとんど出て来ない。私はアレンのこういうことにこだわっていることに惹かれる。
 そういえば、昔、原田芳雄や石橋蓮司などがそういう役どころを演じていたのだが、すっかり好々爺と化した。だって、吉田茂や花嫁のパパを演じるんだぜ、今や。

と休み明けの朝に吼えたところで、仕事モードに戻ろう。今回の番組でいろいろ協力をいただいた出版社や編集者のみなさんにお礼に行くつもりだ。ついでに資料の返却もしておこうと思う。しかし、なんて寒い朝だ。梅雨寒といったところだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-07 09:25 | Comments(0)
<< 放送を終えて ブログの仲間 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧