人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ

ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18384527.jpg
木の間隠れの白い家

村上春樹日和

朝8時。昨日より肌寒い。空には一面の雲がある。ところどころ青空の穴があいているが、全体としてはうす曇の空だ。遠くで犬が鳴いている。台所の水道の音しか聞こえない。もみじ山は休日で静かだ。気まぐれに、子どもが置いていった村上春樹を手にとった。『カンガルー日和』という不思議な小説だが、不思議と頭にすらすら入っていく。短篇集だから、3つほど読むと、目をあげた。カラスがのんびり鳴いている。

本当は、村上春樹のことではなく歌人岡麓のことを書こうと思っていた。明け方、寝床のなかで読んだ中野孝次のエッセーに感銘を受けたからだ。岡はアララギ派の歌人。長く聖心女学院で教えていた。江戸時代から続く御典医の家系だが、岡の代で産を失って没落した。孫が戦死し娘がカリエスの病苦と闘うという悲惨な状況にあって、激することなく淡い短歌を作り続けた人と、中野は解説している。アララギ派には田舎者の頑張り屋が多い中、岡は数少ない江戸っ子の気質を残す人だと芥川龍之介も評価しているそうだ。
つまり、こうだ。岡は短歌を詠むにしても、気張って難しいこと、人生の深遠を詠むわけでなく、淡々と人の世のうつろいを詠むだけだ。「ちょうど眼が覚めると起きるような気持ちで日々をおくる。永年捨てなかった歌のために眠った心がよびおこされる。」
中野もひょんなことから岡の存在を知り、その伝手で岡の研究者、斎藤正二を知る。斎藤は宗教民俗学の学者が本業らしい。30年前に、岡の評論を書いている。当時は評判にもならなかったその論文を中野は一読して、斎藤の鋭さに感服している。斎藤は岡の次の短歌を激賞していた。
遠山のうしろの空にくれて後(のち)も明るくもののあいろ残れり
 
日没後の残光ないし余照の句節形式を、岡麓は自らの短歌の骨頂とした、と斎藤は岡の本質を射抜いている。《彼岸より来迎する浄土光さながらに、残照のほのあかりは、まさしく、翁の苦境を救済すべくその胸に差しいったにちがいない。》短歌は岡麓にとって救済であった。

昨夕、山道を登りながら、山の端の上空に残る明るさを見て感動した。日がうしなわれても淡き余照がにじむ天空をまことに美しいと思った。その印象がいつまでも私の心に残っていたらしい、岡のことを記した中野孝次の文章に出会って、夕べの空ということから離れ難くなった。
ラジオ歌謡の「山小屋の灯」の一節を口ずさむ。
ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18371897.jpg
ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18373736.jpg
ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18375569.jpg

相模灘がかすんでいる
ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18381132.jpg

藤の花が美しい
ゆうべ星のごと みそらに群れとぶよ_c0048132_18382773.jpg

わが大磯の町
by yamato-y | 2009-05-04 18:03 | Comments(0)
<< ザ・ライバル 生存権 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧