人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

涙も汗も失せた映像

涙も汗も失せた映像

かつて映画を撮影するのは35ミリのミッチェルという大きな”機械”であった。操作し移動させることも一仕事であった。所有するのも、映画会社ほどの資金力がなければ不可能だった。
今では、ハイビジョンカメラであれば100万円以下で入手できるし、カメラのレンタルも難しくない。その道具で映画を作ることも可能だ。誰でもやろうと思えば映画製作はできる時代が来た。編集にしてもマックを使えば難しくない。かくて、至る所で映画が製作されるようになったが、大半が上映されることなく、オクラに入るかDVDにしかならないという作品が増えている。万人に映画を作る機会が増えたことは嬉しいのだが、一方で映画に対する熱のようなものがどんどんナクナっていて、安易な映像作品が増えている。

かつてはカメラマンになるにしても、サードから始めてセカンド、チーフ、と経てカメラマンになった。その間、修業は徒弟だった。先輩から無理難題を押し付けられて涙を流し、牛馬のように働いて汗を流した。現代の目から見れば、アナクロな根性路線だが、そういうものが若者のうちに培ったものがあったのだ。汗と涙の結晶という映画、それがだんだん薄れている。

昨日、渋谷ツタヤの六階の喫茶コーナーで、Mプロデューサーと会って打ち合わせをした。その際、現在の映画作りの現場から熱が次第に失われているということを聞かされた。最近の映画は、天候などに左右されるロケ撮影などを嫌って、ほとんどスタジオのブルーバックで撮ることが多くなっているというのだ。所作だけスタジオで撮って、背景の絵は後から合成するという手法だ。つまり、コンピュータ/グラフィックスの効果を多用する映画が増えているのだ。
最近話題になっているゴエモンなんていう映画は、その最たるものだ。

たしかに、雨で撮影ができなくなったなどというリスクは少ない。ドラマの舞台も現実以上に絵を作ることができるだろう。だが、明らかに実際の場で撮影した映像のもつアウラは消滅していくのだ。
「タイタニック」の頃は珍しくそれなりに楽しむこともできたが、現代のように多用されてくると、映像のペラペラ感が気になってしかたがない。ファンタジーならともかく、いわゆる実写ドラマであれば興が薄れる。

今、日本映画の草創期のことを調べている。ちょうど今から100年ほど前のことだ。キネマ旬報が創刊された時代だ。製作者も批評する側も純映画というものを目指して必死だった。面白い記事をみつけた。
日本で最初の撮影所は、目黒の行人坂に出来たそうだ。現在のホリプロあたりに建っていたらしい。次いで、新宿の百人町、向島と作られていくのだ。その頃は映画監督というポジッションはなく、撮影者が演技の指導を行ったとある。先人たちは苦労しながら映像を作っていたんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-02 14:51 | Comments(0)
<< 生存権 まみ姉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧