人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

暗黒への転落

暗黒への転落

1949年の映画「暗黒への転落」を今朝見た。ハンフリー・ボガードの主演で、ニコラス・レイの監督作品だ。フィルム・ノワール(暗黒映画)の一つだろう。
不良で美青年のニック・ロマーノ(ジョン・デレク)が警官殺しの容疑で逮捕され裁判を受けることになる。弁護士としてアンドリュー・モートン(ハンフリー・ボガート)が出馬してくる。モートンは、幼い頃からスラムで育ったニックを見て来て、その環境の劣悪がニックを追い込んだと感じている。その弁護を引き受けるのだ。たしかにワルだが、まさか警官までは殺していまいとモートンは信じ懸命の弁護を続けるのだが、最後の局面でニックが真犯人であることを告白する。そして、ニックは処刑場に向かうことになる。その後ろ姿を呆然として見送る弁護士モートン。

さすがニコラス・レイの監督作品だ。事件の破局に至るまでをいくつもの挿話を重ねて、主人公の置かれた苦しい状況をじっくりとあぶり出して行く。今から60年ほど前の作品とは思えないほどテンポがある。
pretty boyが美青年と訳しているがちょっとニュアンスが違う気がした。この映画には原作があってウィラード・モトレイのベストセラーが下敷きになっているのだが、脚本は「ピクニック」のダニエル・タラダッシュと、ジョン・モンクス・ジュニアが共同で執筆している。鮮やかな筆さばきだ。劇中、気のきいた言葉がいくつも出て来る。「13世紀以来、世界に奇跡は起こっていない」とか「太く短く生きて、きれいな死体を残す」なんてセリフだ。ボガードあたりがしゃべると様になる。原作の言葉かシナリオの言葉か判別できないがとにかく洒落ている。

フィルム・ノワールの特徴にファム・ファタール(運命の女)がある。男を迷わせ転落させる女だ。本映画のタイトルに「転落」がついているが、ニックのファム・ファタールは性悪女でなくむしろ純情な娘の一途な愛を主人公自身が裏切っていくという仕掛けになっている。だが、これもある種のファム・ファタールなのかもしれない。トータルでは面白い映画だったが、劇伴がやや古くさく感じた。

昨夜、寝しなに読んだ北条民雄の「いのちの初夜」に比べると、ずいぶんあまいセリフかもしれないが、「太く短く生きて、きれいな死体を残す」が気に入った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-05-01 08:10 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< まみ姉 光さんの曲だ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧