人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

航海の無事を祈る

航海の無事を祈る

「崖の上のポニョ」を見た。つまらなかった。なーんだ、この程度のことを宮崎駿は文明論だとか堀田善衛だとかを引き合いに出して語っていたのかと思うと、やや肩透かしをくらった気分。宮崎自身、山あり谷ありのパターン化した物語を作っていると腐ってしまうと自戒してこういう作品を目指したという意見は分かるが、その乗り越えた作品がこれだといわれると腹がたつ。こんな程度だったら黙ってやっておけといいたくもなる。

水の汚染、人間文明の退廃、人魚、半魚人、などなど。こういう目障りな表象はやめてほしい。宮崎は最近“道”を説きすぎる。ある人から聞いたが、彼の本性に強烈なロリータコンプレックスがあったり、戦争軍事オタクがあったりするというではないか。だったら、その本性をもっとさらしたらいいのに。老年の自分が人生を悔いて嘆きつつ、青春を生きている者たちへ愛惜(ジェラシーも含まれる)をもつという等身大の物語をもっと描けばいいのに、と私などは思ってしまう。そうだ。今思いついたが戦前の「少年倶楽部」の名作なんかをアニメ化したらどうだろう。「アジアの曙」とか「敵中横断三百里」「長靴の三銃士」「吼える密林」なんていうものが映像化されたら楽しいだろうになあ。

「ポニョ」の中で、宗介という男の子はよかった。5歳にして船舶について詳しいというこの子が信号灯を使ってモールス信号で父親の船に合図するシーン。彼が最後に送ったメッセージは「航海の無事を祈る」。この言葉は、木下恵介の「喜びも悲しみも幾年月」でも使われていた。なんだか、この言葉を送るという行為だけでじーんときた。近年、宮崎はオリジナルの物語をよく描くが、原作ものもいいのではないか。いずれにしろ、アニメ界の巨匠となった宮崎はこれからどうやって店じまいをしていくのだろう。

品川パシフィックホテルで大伴さんのお母さんを囲む昼食会があった。朝日ソノラマの名編集者だった村山さんと、大伴の学生時代のミステリー仲間仁賀さんと私の3人が陪席した。退院してから、お母さんはすっかり元気になって、中華のバイキングもぱくぱく食べている。デザートのアイスは2個もたいらげた。その席で、大伴さんが今生きていたら何をやっているだろうかという話になった。もう、雑誌のグラフィカルな仕事はやっていないのじゃないかということでは全員一致。では、何をやっているか。おそらくitの世界にでも足を突っ込んでいるだろう、きっと新しいことがすきだったから、というのが村山、仁賀さんの意見だった。この二人は大伴昌司と同年だ。そうか、大伴さんが生きていれば73歳。白髪、または禿頭のおじいさんになっているのだ。でも、大伴さんは爺さんになっても好奇心と妄想は、けっして若者に負けないぐらいふつふつと燃やしているだろうなあと想像する。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-04-29 11:45 | Comments(0)
<< 4月の晴れた日に 名匠の手遊び >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧