人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

名匠の手遊び

名匠の手遊び

忙しければ忙しいほどDVD映画が見たくなる。夜中に目をこすりながら往年の作品を見ている。先日は、韓国のソン・ガンホが出演する「シークレット・サンシャイン」を見て感心した。まだまだ隠された名作があると思って心強く思った。

そういう期待をもって、昨夜市川崑の「その木戸を通って」を見た。原作は山本周五郎で、この作品を私も読んだことがある。内容は忘れたが周五郎の武家もののなかでも好きな作品だったはずだ。原作がよく、映画の監督が市川なら、それなりのものにちがいないと、一昨日渋谷のツタヤでレンタルした。どうやら、最近DVD化されたようで準新作扱いになっていた。

一方で少し不安もあった。市川はけっこう外れることが多いのだ。映像の作り方は重厚で華麗なのだが、作劇が物足りないという作品は少なくない。映画に詳しい友人によれば、市川は妻でシナリオライターの和田夏十がいなくなってからは駄目になったという。まあ、そこまで厳しく評価はしないが、たしかに尻切れとんぼの作品が散見されるのも事実だ。三谷幸喜のような見かけ倒しの作品とまではならないが、もっとシナリオの段階で練ってくれよと言いたくなるものもある。

「その木戸を通って」もやはりその危惧したような作品だった。主演が中井貴一と浅野優子と知ったときに、あっと軽く失望した。映画スタアの重みが少ないキャスティングなのだ。ワキはよい。フランキー堺、井川比呂志、岸田今日子。主演の二人はまるでテレビドラマのような軽い芝居なのに比べて、特にフランキーなどは大地にしっかり根をおろした芝居が光った。

ある若者武士平松正四郎の家に、記憶を喪失した女ふきがやってくる。平松の名前だけがたよりで、それ以外はすべて闇の中という女だ。この理由ありの女と平松は結ばれるのだが、いつも隠された過去が重圧となっていて、その闇が判明すれば二人の婚姻も破綻するのではないかと、二人ともおびえている。やがて、その破綻の日が来た・・・。というような物語だ。

謎の女のもつやさしさに、平松が惹かれていく、という設定が全然うまくいっていない。浅野のような大柄の女では情の細やかさがまったく浮き出てこない。それに心奪われる平松の若侍の風情も、とってつけたような演技でしかない。加えて、物語のサスペンス、破綻への予兆などの作劇があまいのだ。やっぱり、市川の手遊びの作品だなと思ってしまった。

画面は凄いのだ。武家屋敷の質素でぜいたくなしつらえのなかでの、人影のウゴキはいい。さすが、市川だとうならせるところは多々ある。市川の危ういのはそういう映像主義に陥ったときだ。
「弟」とか「炎上」のような名作を撮る一方、「細雪」や横溝ミステリーのような軽い作品をほいほいと作り上げる、市川の”軽さ”。この後者の流れに本作品はあった。

映画を深刻ぶって語ったり製作したりするのでなく、映画を作ることを楽しんでいる市川崑の生き方そのものは好きだが、やはりシナリオはもっと練り込んだものを作り上げてほしい。と、まるで市川が生きているような要望を私はもった。

ネットで知ったのだが、この作品は1993年フジテレビで作ったハイビジョンドラマだった。だから、これまでの市川のフィルモグラフィに上がってこなかったのだ。これは昨年再発見されて、第21回東京国際映画祭(10月18~26日)で日本初上映された。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-04-27 10:37 | Comments(0)
<< 航海の無事を祈る 雨の日に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧