人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

偶感

偶感

大磯の行き帰りに、坪内の『四百字十一枚』を面白く読んでいる。世のしがらみをばさっと切る小気味よさに思わず快哉をあげたくなる箇所がずいぶん多い。

1987年、坪内祐三は雑誌「東京人」の編集者をやっていた。今では手塚治虫の特集を組むなど在野性のある雑誌となったが、当時は東京都の肝いりの雑誌で、役人の目線で作られる傾向にあった。そのことに坪内はこう書いている。
《そういう学者系や役人系の筆者の原稿を、私は上司からの押しつけで、いつも担当していた(もちろん学者系でもとても素晴らしい筆者ー例えば建築史の藤森昭信さん―がいたけれど役人系はたいていクズだった)。

たいていクズだった――なんと大胆で小気味いい言葉。
が、他所事と笑ってはいられまい。自分の周辺を顧みれば、この言葉にびりびり感応するような出来事は少なくなく、この言葉は例外でない。
番組制作の道に入って、何年も経とうというのに、まともに一人で作れない者が少なからずいるのだ。企画書は書けない、取材は口先ばかりで実のあるものはない。編集は際限なく続く。

こういうのにかぎって、自分のことを棚にあげて、人の番組批判だけはする。自分の不出来は人のせいにする。人の作った番組のなかへ入ってきて、自分もやったやったと言いたがる。
おそらく、坪内が指摘したような人種と同じなのだ。

まあ、こういう輩は、どこへ行ってもいるには違いない。昨日、TプロのMさんと歓談していて、そういう口先だけのものがどれほど多いか、どれほど表現の妨げになるか、ということを知った。Mさんは日本映画の名作を何本も制作した人物で、香港映画の草創期やハリウッドの経験もある練達のプロデューサーだ。1本の作品を作り上げるのに、どれほど苦難と苦悩があるかということを知らない、映像関係と自称するふてえ輩が業界にはいるということ。話を聞いていて、Mさんのこれまでのご苦労がすこし分かった気がした。

Mさんと今大きな企画を練っている。その取材のために、朝早く山の手のお屋敷に入ってリサーチした。その後のランチで、先の話題でおおいに盛り上がった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-04-21 06:28 | Comments(0)
<< マルチ・オーディオ作業 ひっそりと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧