人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春眠暁を覚える

春眠暁を覚える

忙しい日々が続くわりに、眠りが浅い。昔であれば、深夜作業が続くと朝は遅くまで寝ていた。熟睡したものだ。古語でいえば熟寝(うまい)か。夢をみることがあっても目は覚めず、8時頃まで寝ていた。61歳の現在は、早々と目が覚める。6時とか6時半、時には5時ということもある。眠りが浅くなっている。年をとると早起きになるよと、先輩が言っていたことを思い出した。

そんな自分を顧みて、年なのだと述懐する。肉体の衰えはいささか自覚しているにしろ、社会関係は以前と変わらないと自認(錯覚)しているから、自分の老人化の進み具合をよく把握していないのだなと、自分の不明に気づく。

目が早く覚めてもすることがない。本を読むのは朝から活字の小ささにいらだつし、パソコンを打つのもガタガタするから控える。所在なく布団にいて天井を眺めて、来し方のことを思い出して、小さな後悔を繰り返すということになる。あまり生産的とはいえない。

今朝も、鳥取城に登ったことを思い出していた。1993年のことだから、16年前になるか。出張で出かけたおり、時間があまったので古い城址を訪ねることにした。城といっても天守閣はないから、観光化されておらず、山道には地元の高校生しかいない。麓から本丸跡まで急な坂をぐねぐねと登った。天候が悪い日で、どんより曇った空から時々雨が落ちた。山陰特有の気候だったなと、今になって思う。
何もない天守閣跡に立って、町を見下ろしたことぐらいしか覚えていない。ただ、そのとき抱いていた感情は胸中に今もある。それをめぐって自分が何を考えていたかは知っている。そこまで思い巡らすと、次第に思うことが辛くなる。気分を転換する。

枕元の本を手にとる。フーコーの言説を解説した本だ。ぱらぱらとページをめくって、気になるフレーズを拾い読みする。
「狂人の肉体は解放され自由になった。だが、心のほうはどうか。相変わらず囚われ、とじこめられている」

今、フーコーの話をしているわけではない。が、偶然眺めたフーコーのこの言葉に触発され、再びわたしのなかで妄想が湧き起こる。

これまで、ちっぽけな社会関係を出来るだけ逸脱せず、羊のようにオトナシく生きて来た。周りは、好き勝手にやってきたくせにと見るかもしれないが、わたし自身は厄介虫は心の奥底に押し込んで来たつもりだ。
だけど、還暦を越え、最初の定年も過ぎて、眠りも浅くなれば、残された時間も少なくなってきたことぐらい分かる。その限られた時間を、汲々と生きるのもヤダなあとも思う。

でも、柵の外へ飛び出ることもおびえる。狂気をかかえることは恥辱(スキャンダル)であり犯罪へと貶められることになる。

春がたけてきた。今の多忙ももうすぐ終わる。終われば、何が待ち構えているのか。リーズンか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-04-15 08:12 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 幼稚園生が泣いていた さくらのことなど >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧