人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

胸突き八丁

胸突き八丁

この3年の間で、もっとも多忙な日々が続いている。二つの番組をかかえていて、その維持に必死だ。そういうときにかぎっていろいろなことが起こる。だが、そこから逃げるわけにはいかない。私の今直面しているしんどさなんて、あの獄中の大道寺の苦悩にくらべればずっとたいしたことなどない、そう言いきかせて作業に向かう。

50年間メディアの王様として君臨してきたテレビに、陰りが見えて来ている。2年ほどまえには、新聞雑誌の凋落は語られてもテレビは例外だった。だが、今やそのことは次第に現実化している。ひょっとすると、2011年の地デジ化というのはその大崩落の始まりになるのではと、私は危惧する。

テレビの陰りは、新しいメディアの出現によるということではない。むしろ、自壊作用を起こしているように思えてならない。先日、ゴールデンの時間帯の番組を見ていたときのことだ。どこを回しても同じような内容と同じようなタレントの、おきまりのフォーマットで仕立てられていて、いささか鼻白んだ。
その中に、某老舗局のトークではまだ編集作業を終えていないようなものが、平然と流されていた。つまり、トークの話柄と話柄の間のつなぎがきちんと処理されないまま、安易に笑いの声を流してつないでいるのだ、驚いた。番組内容の質の低下の話どころではない。マナーの問題なのだが、それすら手抜きになっているということに愕然とした。

あまりに番組が感覚的に流れすぎている。テレビのなかの受け応えが、反射神経だけしか見当たらないという状況。もう漫才やお笑い出身の人たちが仕切るトークにはうんざりしてきた。そんなに、気のきいた「セリフ」を即妙に答えることが大事なことなのであろうか。何かの問いかけに対して、口ごもることがみっともないことなのだろうか。
番組が、時間をかけてアイディアを練り、手法を作り出して表現する、というテレビがかつてもっていたチャレンジ精神がもはやほとんどなくなった。かつて、テレビは巨大な好奇心だった。今は、「定番」の作りしかない。

 おそらく、当事者自身がいちばん危機感をもっているはずだ。こんなことをしていたら視聴者に飽きられる、離反されていく、と感じているはずだ。だが、当面の視聴率をとらなくては、自分のポジションが危うい。分かってはいるが、内容が定番であれ、安価でそこそこレーティングをとれるタレントを並べて、一定の視聴率を稼ぐことに汲々とせざるをえない。これが実情ではないだろうか。分かっているけど、あり地獄の待ち受けるアナに向かって走り続けるアリのようなものだ。

番組を作るということは、斬新な企画を立てることであり、熱く取材することであり、最善のカタチになるまでどん欲に編集することであるはずだ。だが、それよりも、テレビ番組を作っているという外観だけのお仕事をする人が増えている。自分の番組にもかかわらず、途中から投げ出すというような輩は少なくない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
by yamato-y | 2009-04-11 07:54 | Comments(0)
<< 安息の日に 花盛り >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧