人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

遅桜

遅桜

花は散り初めにはいった。が、花吹雪まで、あと2、3日はあるだろうか。冷え込みが3月末にあったせいか、今年の花はまだかたい。
明日は京都へ行く。花が残ってくれていると嬉しいのだが。
ここ数日、忙しさにかまけて桜をゆっくりと見ていない。61年の人生で、心に残った桜の風景を寝床で思い出してみる。敦賀金ヶ崎の桜、長崎大浦の桜、広島比治山の桜、金沢城内の桜、山形米沢の桜、大磯高麗山の桜、京都上賀茂の桜。私は娑婆を転々としながら見てきたなと回想する。

そして、枕元にあった句集「友へ」を手にした。桜の句を読み衝撃を受ける。

死刑囚、大道寺将司の桜の句――

金網のうちからのぞく花見かな
散り残る花あはれなる獄舎かな
自棄気味の吐息聞ゆる遅桜
刑死者を送り続けし桜かな
花影や死は工まれて訪るる

どこで見ようと桜は桜、と言いたいが、そうはいかない。獄舎からの、ましてや死囚の身をかこちながら、金網越しに見る桜は娑婆でのほほんと生きている私のようなものとは、目に映るもの、心に残るものが違うにちがいない。
古今和歌集のよみびとしらずの歌「春ごとに花のさかりはありなめどあひ見むことはいのちなりけり」を想起する。ここにある「いのち」のようなものの照り返しが、大道寺の胸中にある。
この和歌を読むたびに、あひ見むことという言葉に立ち止まる。相見むことと読みたくなるのだ。春が来るたび、桜は花を咲かせる。その桜の前に立つ時、私とその桜は互いに見入っている。その関係性こそ「いのち」ではないかと、解釈したくなるのだ。

大道寺は私と同年である。1975年、26歳のときに逮捕され、以来34年間ずっと獄中にある。彼が見続けた桜は一本だけ。金網越しの桜のみ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-04-08 07:46 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 忙しくとも 煙花 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧