人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

わが心のアルカディア

わが心のアルカディア

 牧星加藤謙一の自伝を読んだ。戦前の名雑誌『少年倶楽部』の編集長である。戦後は公職追放となり、個人で『漫画少年』を立ち上げ、手塚治虫を見いだし、寺田ヒロオや石森章太郎らを育てた人物でもある。
講談社から発行された『少年倶楽部』は、戦前軍国主義に協力したとして”戦犯”扱いとなり、社長の野間省一とともに加藤も職を追われた。が、実際には罪は疑いの段階でとどまり早期に追放は解除されている。

 「敵中横断三百里」などという軍事小説が評判をとり「のらくろ」のような兵隊漫画が人気を集めたという表層だけみれば、そういう「罪」があったようにみえても不思議ではない。が、それは時代がもっていた気分や情勢がそうであったことに起因するのであって、ことさら『少年倶楽部』が軍国主義の旗を振ったというのは言いすぎかなと、牧星の本を読んで思った。例えば、「のらくろ」。これは駄目な野良犬がイヌの軍隊に入って功績を挙げて、一年ごとに進級していくという物語ではあるが、実際には軍部からにらまれており、戦争が始まる昭和16年には突然終了させられている、というようなことがあるのだ。むろん、戦争協力という問題は軽々には語れない。だが、戦後民主主義はあまりに一面的に捕らえすぎていたのかと思うことが最近多い。

 『少年倶楽部』の傑作は、吉川英治の「神州天馬侠」、佐藤紅碌の「ああ玉杯に花うけて」と大仏次郎の物語だ。加えて、佐々木邦のユーモア小説があった。この雑誌の素晴らしいのは物語をサポートする挿絵だ。高畠華宵、伊藤彦造、樺島勝一ら一流の画伯が筆をとっていた。
山中峯太郎の「敵中横断三百里」や南洋一郎が書いた「吼えろ密林」などの冒険小説における樺島の絵などは出色だった。まるで映画のような精緻な表現と美しい構図である。当時の少年たちの空想心をおおいに刺激したと推測される。

物語の挿絵だけでなく、口絵もたくさん描かれた。いろりばたでの団欒や春の野路を子馬に乗って帰る少年といった光景がある。これらは、”少年時代”という牧歌的な気分を思い起こさせる原イメージ(この表現は好きではないが、他に思いつかないので)として、私のなかにある。

 今朝、早春のツヴァイク道を降りながら味わった気分。その原形のようなものは、戦前の『少年倶楽部』から戦後の『少年サンデー』『少年マガジン』へとつながっていく少年誌の系譜にあるのかなと思った。幾重にも折れ曲がる山道、亭々たるケヤキの美しい枝ぶり、足元に咲くたんぽぽ、すみれ。森の奥から聞こえて来る鳥の声、重なるように鶯の声。峰を振り仰げば悠々と流れていく白い雲。
 この風景を目の当たりにしながら、いつか見た景色だと思い出そうとしていた。おそらく、それは営々と伝えられてきた日本人としてのイメージではないかな。それを構築している要素として、『少年倶楽部』があったと思ってしまうのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-23 13:01 | 少年誌の青春時代 | Comments(0)
<< 全身漫画家 早春の嵐 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧