人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

早春の嵐

早春の嵐

朝のうちは光があって、鶯が鳴いていた。いい日曜日だなと思って、再寝して目が覚めると小雨が来ていた。風がひどい。轟轟と鳴っている。

昼過ぎ、雨が小止みとなり山を降りて大磯図書館へ本を返却しに行く。期限が1週間ほど過ぎていたのだ。今日は返すだけにして借りずに帰ろうと思ったが、つい書架をのぞいてしまった。
そして借り出した本。『妖花』(半村良)、『持統女帝と皇位継承』、『鶴見和子を語る』、『カバラ』、『自足して生きる喜び』(中野孝次)、『忘れないでね、私のこと』(内館牧子)、『歴史認識を乗り越える』(小倉紀蔵)、『エトルリア人』、『ポスト戦後社会』(吉見俊哉)、『一年有半』(中江兆民)。
普段、自分でお金を出して買わない本や縁遠いジャンルを、できるだけ図書館で借りるようにしている。
1時間ほど、図書館に屯してから、帰路につく。

ツヴァイク道はすっかり春の貌になっていた。木々の梢には芽が吹き、葉が茂っている。根方にはぜんまいの葉が大きく腕をもたげている。むらさきはななは可憐な花をあちこちに見せ、タンポポは力強く咲いていた。
海から吹いてくる風が轟轟と鳴る。潮を含み、そこに草花の匂いがまじって、春らしい嵐となる。強い風が背中を押し上げてきて、気持ちがいい。どこかで見た風景だ。

「風の又三郎」だ。50年ほど前に見た大映映画の一場面。
「どっどど どどうど どどうど どどう
 青いくるみも吹きとばせ
 すっぱいかりんも吹きとばせ
 どっどど どどうど どどうど どどう」
というような歌を又三郎は歌っていたはずだ。

 黒いレインコートを着て、右手に本をつめたディズニーバッグ、左手にこうもり傘を振り回していると、へっぽこ先生になった気分で、私は又三郎の歌を口にする。へっぽこ先生とは川上澄生の版画に出てくる主人公。昔、サントリーの宣伝で使われていたことがあり、その後『銀花』で特集を読んでからすっかり好きになった。

 紅葉山の台地まであがり、ぶらぶらと我が家を目指す。それぞれの庭には白や黄色の花が咲き乱れている。白く大きな花は辛夷か。
 わが庭を外から見ると、水仙が4,50本咲いている。こでまりのような白い花もある。桃木には青い芽がびっしりと並んでいた。雨があがって、からすが鳴いている。

静かな、日曜日の昼下がり。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-22 15:07 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< わが心のアルカディア 1ダースなら安くなる >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧