人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

1ダースなら安くなる

1ダースなら安くなる

 赤塚不二夫は1935年に6人兄弟の長男として満州で生まれた。そして、敗戦でソビエト軍の侵攻となり、父はシベリアに抑留され、母と兄弟たちだけで、必死で逃げる。この途次、次女が病死。弟は養子となっていく。残された4人の子と母は命からがら日本へ引き揚げてきた。母の実家のある大和郡山に暮らすことになる。だが、この家にたどりついて30分後、一番下の妹は息をひきとる。生後6ヶ月だった。
 赤塚が、後年この大和郡山の家を訪ねたときの映像を見た。そこでインタビューを受けて、赤塚はこう答えている。「妹が死んだのは、親孝行だと思う」・・・
幼い子ども4人をかかえ、父はいない。そんな家計を支えるには、母が外に出て働くしかない。だが乳飲み子がいてはそれもできまい。赤ん坊がいなければということを、考えれば妹は親孝行をしたと思わざるをえない、と赤塚はいつになく神妙な顔で答えている。が、ことさら赤塚が悲痛な顔もしていないところが、彼の悲しみの深さを感じさせて、見る者の心を揺さぶる。

 漫画家として、赤塚はずっと芽が出なかった。石ノ森章太郎の影に隠れていた。その彼の才能をいち早く見つけていたのは石ノ森ではある。ギャグの才能をかぎとっていたのだ。
そして、画期的な「ナマちゃん」という作品を、石ノ森の導きによって生み出すのだ。ここからナンセンス・ギャグの世界に、赤塚は飛び出していく。

 次に大きな転機は「おそ松くん」だ。1962年に少年サンデーで始めた連載で、赤塚はブレイクする。6つ子の兄弟が起こすドタバタだ。この漫画のギャグというものは、それまでの日本の漫画になかったもの。この物語のヒントは、かつて見た映画「1ダースなら安くなる」だったと、赤塚は語っている。

この映画を、昨夜見た。1950年のハリウッド映画だ。おそらく日本で公開されたのは52年ごろではなかっただろうか。当時、赤塚は新潟から上京して、小松川の化学工場で工員として働いていたはずだ。たまの休みの日に、近くの繁華街で見たのだろう。
 映画は60年前のものにしては、カラーできちんとした作品に仕上がっていたが、とりたてて面白い話ではない。何が、赤塚をひきつけたのだろうか。
――私は、11人家族というホームコメディに赤塚はわくわくしたのではないかと思うのだ。それは、ジフテリアで死んだ妹、引き揚げてきてすぐ死んだ妹、養子となってもらわれていった弟。そんな弟妹たちを噛み締めながら、少年赤塚は、場末の映画館のスクリーンを見つめていたのじゃないか。
(この項つづく。というのは、映画を最後まで見ていないから。)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2009-03-21 12:13 | Comments(1)
Commented by gacha2 at 2012-02-06 09:21 x
先日、この映画を観て調べていたらこのブログにたどり着きました。
赤塚不二夫氏もこの映画が好きだったのですね。
はじめて知りました。

この映画のオープニングの部分がとてもかわいく印象的でした。
続編も作られるほどのベストセラーだったとか?
続編もぜひ見てみたいです。
<< 早春の嵐 アナザー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧